ソニー RX1 F2レンズの驚きとレビュー 比較

DSC-RX1のF2レンズの驚き

前の「SONY DSC-RX1を全画素超解像ズームで望遠機として使う」の記事からの続きです。

RX1は35mmフルサイズ初のレンズ一体型機で高価なので、RX1を購入する人はカメラに対する思い入れも特に強いと思います。ここでは、そのRX1が、今までのカメラの歴史から見てどういう位置付けなのかを、カメラ史を思い巡らせながら書きました。以下に続きます。


スポンサーリンク


ソニーのRX1が35mmフルサイズ一体型であるのにレンズの開放F値がF2であるのは、フィルム時代から考えても相当の驚きです。フィルム時代にも、レンズの明るいコンパクト機が出ていた時代がありました。

1961年の1月に45mmでF1.9のレンズのキヤノネットがキヤノンから発売されて、売れに売れました。このキヤノネットの人気は凄まじいもので、日本橋三越の7階展示場の売り場に階段にまで人が押し寄せて、1週間分の在庫がたった2時間で完売しました。1961年2月6日号の『週刊文春』に、「くたばれ!キヤノネット」という記事が載るほどでした。

キヤノネットがF1.9の単焦点レンズを搭載したコンパクト機であったのには、今とは違った当時の時代背景がありました。当時のカメラにはストロボが内臓されていなかったので、そのために明るいレンズが必要だったのです。

1966年に発売されたヤシカエレクトロ35は45mF1.7でキヤノネットよりレンズが明るく故障も少なかったこともあって、世界で500万台も売れました。そのヤシカエレクトロ35は1975年のヤシカエレクトロ35GXが最終モデルです。それは、1975年に、コンパクト機で明るいレンズの必要性が薄れるあることがあったからです。

1975年に出たコニカC35EF(通称、ピッカリコニカ)はストロボを内蔵して38mmF2.8のレンズになりました。ヤシカエレクトロ35の最終モデルの年の1975年に内臓ストロボ機が発売されたのが象徴的で、この時がF2以下の明るいレンズコンパクト機がフィルムカメラから発売されなくなった時です。

フィルムコンパクトでも開放F値がF2以下のものは、キヤノネット、ヤシカエレクトロ35の時代に出ていたくらいです。フィルム時代の高級コンパクトの名機の代表と言えば、ミノルタのTC-1がその筆頭です。そのTC-1もレンズが28mmで開放F値はF3.5です。他のフィルム機のリコーのGRシリーズも開放F値はF2.8が最も明るく、CONTAX Tシリーズも開放F値はF2.8です。

RX1RM2 (RX1R II)とRX1の違いに、違いを書いています。

次の02の「ソニー DSC-RX1はフィルムコンパクトの名機より優秀」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事