オリンパス OM-D E-M10 Mark III レビュー 比較と評価

OM-D E-M10 Mark III

オリンパスのOM-D E-M10 Mark IIIは、2015年9月4日に発売されたE-M10 Mark IIの後継機です。E-M10 Mark IIIの総画素数は約1720万画素で、有効画素数は約1605万画素です。画像処理エンジンはTruePIC VIIIです。

画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味で、総画素数で計算すると、E-M10 Mark IIIの画素ピッチは3.5μm以上あります。ファインダーは約236万ドットです。以下に続きます。


スポンサーリンク


ファインダーの倍率はマイクロフォーサーズ換算で約1.23倍で、ファインダー倍率の35mm判換算と計算で計算すると、35mm判換算では0.82倍です。マイクロフォーサーズ機はボディを小さくできるのにファインダー倍率が高いのは、電子ファインダーで光学ファインダーのような物理的制限がないからです。

ファインダーのアイポイントはレンズの最終面から約19.2mmで、視度調整の範囲は約-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

ファインダーは水平と垂直の2軸の水準器があります。別売のアイカップのEP-16に交換できます。モニターは縦横比が3対2の3.0型の約104万ドットで、タッチパネル式です。

モニターは上に約85度、下に約45度に動かして撮影できます。ISO感度はISO200からISO25600まであります。拡張感度にISO100があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

シャッタースピードの上限は1/4000秒です。電子先幕シャッターでは1/320秒、電子シャッターでは1/16000秒までが上限です。電子先幕シャッターのメリットとデメリット電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、それぞれの特徴を書いています。

記録メディアはSDカード系で、UHS-IIに対応しています。Eye-Fiカードも使えます。連写性能はAF追従で、秒間コマ数で約4.8枚です。AFの測距点数は121点です。AFはコントラストAFだけで、位相差AFは使えません。

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに違いを書いています。露出補正の範囲は±5EVで、1/3EVステップで補正できます。動画では±3EVまでです。

動画性能は、3840×2160の4Kの30pで撮影できます。動画のファイル形式はMOV、動画の映像はMPEG-4AVC/H.264です。動画撮影は29分の記録時間の制限の繰り返しで続けて撮影できます。

内蔵ステレオマイクと内蔵モノラルスピーカーがあります。顔優先AFと、瞳優先AFが使えます。E-M10 Mark IIIのアートフィルターには、ブリーチバイパスが新規に追加されています。

ボディー内手ブレ補正はセンサーシフト式の5軸補正で、補正効果はCIPA基準で4.0段です。シャッターボタンの半押しでファインダー像の安定ができます。

0.1mmから1000mmまで、0.1mmステップで焦点距離の設定ができます。露出制御の測光方式は、324分割のデジタルESP測光です。内臓フラッシュは、ISO100でガイドナンバーが5.8です。

内臓フラッシュの同調速度は、1/250秒以下です。Wi-Fiと、GPS機能もあります。バッテリーのBLS-50で、CIPA基準で約330枚の撮影枚数です。E-M10 Mark IIIの本体のみの重さは、約362gです。別売で、本革ボディージャケットのCS-51Bがあります。

関連記事 プロカメラマンがマイクロフォーサーズを選ぶ理由

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事