FUJIFILM X100V レビューと比較

FUJIFILM X100Vのレビュー

FUJIFILM X100Vは、2017年2月23日に発売されたFUJIFILM X100Fの後継機です。

FUJIFILM X100Vの有効画素数は約2610万画素で、23.5mm×15.6mmのAPS-CセンサーのX-Trans CMOS 4で裏面照射型です。裏面照射型CMOSは、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。画像処理エンジンはX-Processor 4です。

記録メディアはSDカード系です。レンズの焦点距離は35mm相当のF2.0で、実質の焦点距離は23mmです。デジタルテレコンバーターでは、50mm相当と70mm相当が使えます。テレコンはクロップですが、F2のまま使えるのでシャッタースピードが稼げる利点があります。

デジタルテレコンとはに、デジタルテレコンのことを書いています。レンズの絞りは、 F2からF16まであります。NDフィルターが、4段分あります。ファインダーはハイブリッドビューファインダーで、 OVFの視野率は約95%で、ファインダーの倍率は35mm換算で約0.52倍です。

EVFは0.5型の有機ELの4:3の約369万ドットで、アイポイントは約16.8mm、視度調節の範囲は-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。EVFの倍率は35mm換算で0.66倍です。EVFのほうが倍率が高いです。アイセンサーもあります。

液晶モニターは3:2の3.0型のチルト式の約162万ドットで、タッチパネル式です。FUJIFILM X100Vの特徴は、このチルト式モニターです。チルト式なのに、モニター面がボディとフラットになってチルトだとは分からないようになっているので、チルト式に反対でも受け入れられやすいようになっています。

ボディの裏面のチルトの左側にくぼみがあって、モニターを持ち上げる形になっています。動画 はMOVのMPEG-4 AVC/H.264で、音声はリニアPCMのステレオです。4096×2160の4Kの29.97pの100Mbpsで撮影できて、 連続で最大約10分まで撮影できます。

ISO感度は、ISO160からISO12800まっで設定できて、拡張感度に、ISO80、ISO100、ISO125、ISO25600、ISO51200があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。露出補正は±5段で1/3EVステップで補正できて、動画撮影時は±2段です。

シャッタースピードの上限は、メカシャッターで1/4000秒、電子シャッターで1/32000秒です。FUJIFILM X100Vは、レンズの開放で1/2000秒まで使えます。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、開放側のシャッタースピードのことを書いています。電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに、違いを書いています。

AF方式は インテリジェントハイブリッドAFで、コントラストAFと像面位相差AFの両方が使えます。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。低輝度性能は コントラストAFで-2EV、像面位相差AFで-5EVです。AFの測光方式は、256分割測光です。

連写は約11コマ/秒です。フィルムシミュレーションに、クラシックネガとエテルナがあります。瞳AFもできます。ガイドナンバーがISO100で約4.4の内臓フラッシュがあります。端子には、USB Type-Cと、HDMI端子があります。通信性能は、BluetoothとWi-Fiがあります。

バッテリーの撮影枚数は、NP-W126Sで、CIPA基準で、EVFのノーマルモードで約350枚、OVFのノーマルモードで約420枚です。防塵防滴は、アダプターリングのAR-X100と、プロテクトフィルターのPRF-49を装着した状態でないと、防塵防滴になりません。

FUJIFILM X100Vの重さは、バッテリーとSDカードを除いて、約428gです。

ストリートフォトとキャンディドフォトと富士フィルム動画炎上に、問題となったX100Vの動画のことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。

関連記事