コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違い

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AF

カメラのAFの特徴を書いています。レンズ交換式の一眼レフでよく使われているのが、位相差AFです。位相差AFはAF速度に優れます。

レンズ交換式のミラーレス一眼や、レンズ一体型のコンデジでよく使われているのがコントラストAFです。コントラストAFはAF精度に優れます。以下に続きます。


スポンサーリンク


位相差AFとコントラストAFを比べると、性能が逆になっています。位相差AFは速度に優れてもコントラストAFほどの精度がなく、コントラストAFは精度に優れても、位相差AFほどの速度に優れていません。

このため、そのAFの利点は利点のままで、欠点を補えないかと機能が改良されてきました。そこで生まれてきたのが、この両方のAFの折衷型です。

一眼レフの光学ファインダーで被写体を捉える時の位相差AFの速度は、素晴らしいものがあります。やっぱり、スポーツ撮影は一眼レフが最高と言われるだけのことがあります。

逆に、ミラーレス一眼のコントラストAFでは、被写体が高速に動き回るスポーツ撮影では、一眼レフの位相差AFより、被写体に追いつかないことがしばしばあります。

これでは、ミラーレス一眼はいつまで経っても、一眼レフには適いません。一眼レフの位相差AFが精度でコントラストAFに劣るといっても、MFにして合わせるなら、ミラーレス一眼のコントラストAFより、さらに高精度で合わせられます。

一眼レフでも、モニターで確認するライブビュー撮影では、AF精度を上げて撮影することもできます。

あくまで、AFでは、位相差AFよりコントラストAFのほうが精度に優れているだけで、MFが最も精度に優れるのは変わりありません。時間があるのなら、一眼レフでMFで合わせれば、位相差AFの欠点も補えます。

その逆で、コントラストAFで不足しているAF速度は、どうやってもカメラの機能で補うことができません。この一眼レフの位相差AFの欠点はカメラ機能で補えても、ミラーレス一眼のコントラストAFの欠点はどうにもならないのが、位相差AFとコントラストAFの大きな違いです。

AFで精度よりも速度のほうが問題になるのは、そもそもカメラはMFとして始まったものなので、元から精度を合わせることが、速度よりも得意だからです。

カメラは、MFからAFになる時に大きな技術的な革新がありましたが、精度が優れているだけのコントラストAFは、以前のAF速度の向上でもがいていた時の時代と重なっても見えます。

そのコントラストAFの速度を上げようとしているのが、空間認識AFなどと呼ばれるもので、コントラストAFの精度に加えて速度の向上も狙っています。

将来的には、コントラストAFのAF速度がさらに向上して、元からあるAF精度の高さが加わったら、非常に心強いAFになります。

しかし、一眼レフの位相差AFでの被写体への食い付き性能は非常に優れていて、コントラストAFが速度を向上しても、一眼レフの位相差AFも改良されるので、一眼レフがスポーツ撮影に向いていることは、そう簡単には変わらないです。

一眼レフはミラーでファインダーを見て撮影することで発展してきたので、ミラーを上げてモニターで撮影することに慣れていません。そのため、ミラーレス一眼のモニターでの撮影も頻繁に行う機種よりも、モニター撮影で劣っています。

一眼レフでモニター撮影すると、ミラーを上げてのライブビュー撮影になりますが、AFのピント合わせがジー、ジーと音がなって、なかなか合わないことがよくありました。

ミラーレス一眼でのライブビュー撮影に慣れていると、一眼レフでのライブビューは壊れているのではと思うほど、AFの性能が低かったのです。

そこで、像面位相差AFが出てきます。位相差AFをセンサー面に配置して、位相差AFの速度をセンサーで補完しています。デュアルピクセル CMOS AFを使って、ライブビュー撮影のAF性能を向上させていることなどがそうです。

像面位相差AFはセンサーの欠損が生じて、画質の低下を招くとなどと言われてきています。

像面位相差AFではなく、コントラストAFそのものの速度を向上させる空間認識AFで、AF精度もAF速度も優れれば、それが理想的です。しかし、その空間認識AFで被写体が高速に動き回るのを一眼レフ並に追えるかというと、そこまではいっていません。

結局のところ、位相差AFもコントラストAFもハイブリッド型の像面位相差AFも、どれも利点と欠点がありますが、このAF性能もカメラの快適さに大きく関係があるので、特徴を認識しておくといいです。

一眼レフの光学ファインダーでは、ミラーレス一眼よりも、電気消費量が格段に少ないので、バッテリーの持ちが非常に優れている利点もあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事