ニコン Z6 レビュー 比較と評価

Z6

ニコンのZ6の有効画素数は2450万画素で、撮像素子は35.9×23.9mmの裏面照射型CMOSです。画像処理エンジンはEXPEED 6です。裏面照射型はそれまでの表面照射型より、高感度時のノイズが減少しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


ファインダーは0.5型の約369万ドットで、倍率は約0.8倍、アイポイントは接眼レンズ面の中央から21mmです。アイセンサーもあります。視度調節の範囲は-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

モニターはチルト式の3.2型のタッチパネル式で、約210万ドットです。ISO感度は、ISO100からISO51200まで設定できます。拡張感度にISO 50相当、ISO204800相当があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

シャッタースピードの上限は1/8000秒です。記録メディアはXQDカードのシングルスロットで、SDカードは使えません。連写の秒間コマ数は、AFとAE追従で、約5.5コマ/秒です。

AF性能は、像面位相差AFとコントラストAFが使えるハイブリッドAFです。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、AF性能の違いを書いています。AFの測距点数は273点あります。

露出補正の補正幅は±5段で、1/3と、1/2ステップの設定幅で補正できます。動画は3840×2160の4Kの30pで撮影できます。動画のファイルはMOV、MP4、動画の映像はH.264/MPEG-4 AVCです。

内蔵ステレオマイクがあります。顔認識AFはありますが、瞳AFは使えません。サイレント撮影ができますが、ローリングシャッター現象が出ることがあります。グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに、書いています。

フリッカー低減機能と、回折補正の機能もあります。手ブレ補正機能は、約5.0段のセンサーシフト式の5軸補正があります。ミラーレスになったことで、ニコンの一眼レフにはなかったボディ内手ブレ補正が付きました。

ニコンの一眼レフはスポット測光が測距点に連動しますが、Z6でも連動して使えます。AFの検出輝度範囲は、ISO100のF2.0レンズ使用のローライトAFで、-4から19です。

ボディはマグネシウム合金使用で、シャッターユニットの耐久性は、20万回です。防塵と防滴性能もあります。通信機能はWi-Fiと、Bluetoothがあります。バッテリーは、CIPA基準で、ファインダーで約310コマ、モニターで約380コマです。

Z6の本体のみの重さは、約585gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事