Z 7IIとZ 6IIとZ 7とZ 6の違いと比較

Z 7IIとZ 6IIとZ 7とZ 6

ニコンのZ 7IIとZ 6IIは、Z6と、Z7の進化型です。Z6とZ7は併売されます。Z 7IIとZ 6IIの機能は、基本的には同じです。

Z 7IIの総画素数は4689万画素で、Z 6IIの総画素数は2528万画素です。Z 7とZ 6と画素数が同じで、後継機になってから画素数が少なくなったことで、受光面積に余裕がなくなってノイズが出る問題がありません。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。

Z6とZ7と一見すると同じように見えますが、Z 7IIとZ 6IIは多くの面で機能が向上しています。

Z 7IIとZ 6IIは、画像処理エンジンのEXPEED 6が2基搭載されています。記録メディアは、XQDと互換性があるCFexpressとUHS-II対応のSDカード系のデュアル式です。

モニターはタッチパネル式の約210万ドットで、3.2型です。モニターをチルトしすると、ファインダーを遮ってもモニターが点灯したままです。ウエストレベルでの撮影でファインダーを体が遮るようになってしまって、背面モニターが消えてしまって見えない問題がなくなっています。モニターは、バリアングル式ではありません。

連写性能は、Z 7IIは秒間10枚で連続撮影枚数は77枚、Z 6IIは秒間14枚で連続撮影枚数は124枚です。AFの検出輝度範囲は、Z 7IIが-3から19EV(ローライトAFでは-4から19EV)、Z 6IIが-4.5から19EV(ローライトAFでは-6から19EV)です。

瞳AFが、ワイドエリアAFで使えるようになっています。動画撮影時にも、瞳AFと動物AFが使えるようになっています。動画の連続撮影時間には、30分未満の制限があるのは同じです。

Z 7IIとZ 6IIには、縦位置グリップとして使える別売のパワーバッテリーパックのMB-N11があります。MB-N11には、シャッターボタンもあります。USB給電もできるようになっているので、バッテリーの持ちの心配が抑えられています。この縦位置グリップは、Z6とZ7では使えません。

Z 7IIとZ 6IIは、Z6とZ7よりも、画像処理エンジン、記録メディア、モニターの点灯、連写性能、暗所AF、瞳AF、縦位置グリップ、給電の機能で改善しています。他にも、グリップがしやすくなったなどでも改善しています。

参考記事:コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはスマホとコンデジの画質と決定的な違い


スポンサーリンク

関連記事