ニコン Z 50のレビューと比較

ニコン Z 50

ニコンのZ 50の総画素数は2151万画素で、撮像素子は23.5×15.7mmのDXフォーマットのCMOSです。画像処理エンジンEXPEED 6です。記録メディアはSDカードのシングルスロットで、UHS-IIには対応していません。

ファインダーは0.39型の約236万ドットで、アイポイントは、接眼レンズ面の中央から19.5mmです。ファインダー倍率は、35mm判換算で約0.68倍です。視度調節の範囲は、 -3から+3です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。アイセンサーもあります。以下に続きます。


スポンサーリンク


モニターはチルト式の3.2型のタッチパネル式で、約104万ドットです。バリアングル式ではないです。モニターを下に180度に動かすと自分撮り画面になって、タッチでセルフタイマーと露出補正の設定ができます。

モニターの右端に、拡大と縮小やサムネイルにヘルプ、DISPのタッチキーがあります。Z 50には、ボディ内手ブレ補正はないです。連写性能は、AF/AE追従で約5コマ/秒です。シャッタースピードの上限は、1/4000秒です。

AF性能はハイブリッドAFで、速度に優れる像面位相差AFと精度に優れるコントラストAFが使えます。コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、違いを書いています。像面位相差AFは209点あって、撮像範囲の約90%をカバーしています。

静止画撮影では、瞳AFも使えます。ホワイトバランスには、自然光オートがあります。ISO感度は、ISO100からISO51200まで設定できて、拡張感度にISO204800相当があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。サイレント撮影もできます。

4K動画は、ノンクロップの4K UHD/30Pに対応しています。長記録時間は、 29分59秒までの制限があります。動画ファイルの形式は、MOVとMP4です。映像形式はH.264/MPEG-4 AVCで、音声形式はリニアPCM、AACです。

動画撮影では、約800万画素で約30コマ/秒、約200万画素で約120コマ/秒の静止画の連写ができます。ニコンの機種なので、Z 50も、スポット測光でフォーカスポイントに連動して測光できます。検出範囲は、ISO100のF2.0で-4から19EVです。

フラッシュの同調シャッタースピードは、1/200秒以下です。内蔵ステレオマイクがあって、外部マイクも使えます。フリッカー低減もできます。フラッシュは手動ポップアップ式です。通信機能は、Wi-FiとBluetoothがあります。

シャッターユニットの耐久性は、10万回です。ボディには防塵と防滴性能があります。ヘッドホンジャックはないです。Type-Cもなくて、マイクロUSBになっています。撮影枚数は、バッテリーのEN-EL25で、CIPA基準で、ファインダーで約280枚、モニターで約320枚です。ボディの重さは、約395gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事