LUMIX DMC-FZ200 PowerShot SX50 HS 連写比較

LUMIX DMC-FZ200 PowerShot SX50 HS 連写比較

前の07の「Panasonic FZ200 AF追従連写の快速さ」の記事からの続きです。

LUMIX DMC-FZ200とキヤノンのPowerShot SX50 HSを比較してみても分かります。SX50 HSは望遠の焦点距離はFZ200よりも優れていますが、連写性能がFZ200よりも劣っています。SX50 HSは、FZ200のようにAFでピントを合わせて露出を一枚ごとに決めながらの約5.5コマ/秒の連写をすることはできません。以下に続きます。


スポンサーリンク


FZ200は高倍率機の中で光学ズームを抑えてレンズも明るくして、連写性能を高めているので、600mmまでで十分なら、FZ200は写真表現が他の高倍率機のネオ一眼よりも抜きん出ています。FZ200のAFと高速連写の性能は、他の高倍率機の中でも、動く被写体の撮影に特に強いです。

シャッターボタンの下に連写ボタンがあるのはFZ150と同じですが、後継機のFZ200はFZ150よりも連写ボタンがシャッターボタンに近い位置になりました。独立した連写ボタンをシャッターボタンの近くに配置しているところからも、FZ200が連写性能を重視しているのが分かります。

FZ200で2.5M時の記録画素数では、約60コマ/秒の連写ができます。ここまでくると、普通の連写を超えて、瞬間の瞬時連写と言っていいと思います。ただ、AF追従連写ではないので、1コマごとにピント・露出を合わせての連写ではありません。

FZ200で約5.5コマ/秒以上の連写は、最初の1コマでAFを合わせて固定して、後はそれから連写する方式です。シングルAFのことです。FZ200の1/2.3型の撮像素子の被写界深度の深さ(ピントが合って見える範囲が広い)でピント面が合う範囲は広いですが、AF追従連写でないとピンボケするのなら、5.5コマ/秒でのAF追従連写にしたほうがいいです。AF固定の連写で十分であるのなら、5.5コマ/秒以上の連写が使えます。

FZ200は、RAWとRAW+JPEG時にも、約12コマ/秒を維持して11コマも撮影できます。

次の09の「FZ200 様々な被写体 写真欲に応える万能機ネオ一眼」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事