オリンパス OM-D E-M1 Mark II レビュー 比較と評価

OM-D E-M1 Mark II

オリンパスのOM-D E-M1 Mark IIは、2013年10月11日に発売されたOM-D E-M1の後継機です。OM-D E-M1 Mark IIの総画素数は約2177万画素で、画像処理エンジンはTruePic VIIIです。マイクロフォーサーズの撮像面積に約2170万画素あるので、画素ピッチが狭くなっています。

画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。EVFは約236万ドットで、ファインダー倍率は約1.3倍から約1.48倍です。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、倍率のことを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


アイポイントはレンズ面から約21mmで、視度調整の範囲は約-4から+2です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。2軸の水準器が使えます。フレームレートは120fpsで確認できます。

ファインダーで覗きながら、モニターを使ったAFターゲットパッドも使えます。モニターは3.0型の2軸の可動式で、3:2の約104万ドットです。タッチパネルが使えます。ISO感度はISO200からISO6400で、拡張感度にISO64、ISO25600があります。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードは、フォーカルプレーンシャッターでは1/8000まで、電子先幕シャッターは1/320まで、電子シャッターは1/32000までです。

電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに書いています。記録メディアはSDカード系のダブルスロットで、Eye-Fiカードが使えます。AFとAEが追従で、最高で18コマ/秒の秒間コマ数です。AF性能は、像面位相差AFとコントラストAFが使えるDUAL FAST AFです。

位相差AFが速度に優れ、コントラストAFは精度に優れます。AFの測距点数は、121点のクロスタイプ位相差AFと、121点のコントラストAFがあります。縦が75%、横が80%の測距エリアがあります。AFの駆動範囲を3段階に設定できるAFリミッターがあります。

AFターゲットモードには、5点グループターゲットがあります。露出補正の補正幅は±5段で、1/3、1/2、1段で補正できます。ライブビューへの反映と、 動画では、±3段までです。動画性能は、4096x2160のC4Kの24pで、約237Mbpsで撮影できます。

4K動画からの静止画の切り出しもできます。4Kフォトとは 静止画連写との違いと動画写真が台頭する?に、4Kフォトのことを書いています。動画ファイルは、MOVがMPEG-4AVC/H.264、AVIがMotion JPEGです。外部モニタリング用に、HDMI出力もあります。

ムービーテレコンの約3倍も使えます。アートフィルターが動画でも使えるアートフィルタームービーもあります。動画撮影中にフォーカスキーピングも使えて、白、黒、赤、黄色に対応しています。内蔵ステレオマイクと、内蔵モノラルスピーカーがあります。

USB3.0に対応しています。USB端子がタイプCになっています。50Mハイレゾショットでは、8回の撮影の合成で解像度を高くできますが、三脚などの固定が必要です。プロキャプチャーモードでは、全押しした前の14コマまで記録できます。

8枚の写真合成で、画面全体にピントを合わせる深度合成モードもあります。手ブレ補正は6.5段です。露出制御の測光方式は、324分割デジタルESP測光です。シャッターユニットの耐久性は20万回で、防塵と防滴と10℃耐低温性能もあります。

OM-D E-M1の頃からボディの耐久性に信頼性がありましたが、OM-D E-M1 Mark IIになっても耐久性のあるボディになっています。Wi-Fiが使えます。バッテリーのBLH-1で、CIPA基準で約440枚、低消費電力撮影モードでは約950枚の撮影枚数です。

OM-D E-M1 Mark IIになってバッテリーの容量が上がっているので、撮影枚数が増えています。OM-D E-M1 Mark IIの本体のみの重さは、約498gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事