D7500とD5600の違いと比較

D7500とD5600

D7500とD5600の主な違いと比較を書いています。

D7500の有効画素数は2088万画素で、D5600は2416万画素です。D7500の画像処理エンジンはEXPEED 5ですが、D5600は一世代前の4です。画素数が減ったことで、D7500のほうが高感度画質が向上しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


D7500は、D500と同じセンサーを搭載しています。D7500のファインダーの倍率はAPS-C相当で約0.94倍で、D5600は約0.82倍です。

D7500のモニターはチルト式の3.2型の約92.2万ドットで、D5600はバリアングル式の3.2型で約104万ドットです。D7500はD5600より多くの面で優れていますが、液晶モニターはD5600のほうが便利に撮影できて、画素数も多いです。

D7500のISO感度はISO100からISO51200で減感でISO50相当、増感でISO1640000相当までありますが、D5600はISO100からISO25600までしかありません。

D7500のシャッタースピードの上限は1/8000秒で、D5600は1/4000秒までです。D7500は14ビットのロスレス圧縮RAWでも、AF-Cで約8コマ/秒ですが、D5600は約5コマ/秒です。

AFの測距点は、D7500が51点でD5600は39点です。露出制御の測光方式は、D7500は180KピクセルRGBセンサーで、D5600は2016分割RGBセンサーなので、D5600のほうがかなり劣っています。

D7500ではグループエリアAFが使えます。動画は、D7500は4K UHDの3840×2160で撮影できますが、D5600はフルHDです。D7500は、フリッカー低減が静止画でも使えます。

D7500は、AFの検出輝度範囲は-3から+19EVまでですが、D5600は-1から19です。D7500は防塵と防滴ボディですが、D5600は防塵防滴ではないです。

D7500には近距離無線通信のNFCは非搭載ですが、D5600にはNFCがあります。D7500の本体のみの重さは約640gですが、D5600は約415gです。

D7500とD5600の主な違いを書きましたが、それぞれの機種のことは、D7500D5600の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事