G9 X Mark IIとRX100M5の違いと比較

G9 X Mark IIとRX100M5

G9 X Mark IIとRX100M5の主な違いと比較を書いています。どちらの機種も1.0型のセンサーで大きさは同じですが、RX100M5はメモリー一体の積層型の裏面照射型CMOSです。

G9 X Mark IIも高感度時のノイズ減少が長所の裏面照射型ですが、RX100M5はさらに、読み出し速度が向上しているので、電子シャッターの歪みが抑えられています。以下に続きます。


スポンサーリンク


G9 X Mark IIのレンズの焦点距離は28mmから84mm相当で、RX100M5は24mmから70mm相当です。開放F値は、G9 X Mark IIがF2.0からF4.9で、RX100M5はF1.8からF2.8です。

実質の焦点距離は、RX100M5は8.8mmから25.7mmで、G9 X Mark IIは10.2mmから30.6mmです。レンズのボケ量の簡単な計算に書いてある計算で、RX100M5でも望遠端の開放絞りで9.2くらいなので、どちらの機種も背景のボケは期待できません。

G9 X Mark IIとRX100M5の大きな違いは、G9 X Mark IIにはファインダーがないことです。屋外晴天時にはファインダーがあったほうが使いやすいです。

RX100M5には、0.39型で有機ELの約236万ドットで、倍率が35mm判換算で約0.59倍のEVFがあります。モニターはG9 X Mark IIが3.0型の約104万ドットのタッチパネル式で、RX100M5は3.0型の約123万ドットです。

RX100M5のモニターはタッチパネルは使えませんが、上に180度に動かして自分撮りもできます。RX100M5は電子シャッターの1/32000秒が使えて、センサーの性能で歪みが抑えられています。

連写は、G9 X Mark IIは8コマ/秒くらいですが、RX100M5はAF追従でも約24コマ/秒なので、連写重視ならRX100M5です。RX100M5はコントラストAFだけでなく、像面位相差で位相差AFも使えるので、AF速度がG9 X Mark IIより優れています。

コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに書いています。

AFの測距点数は、コントラストAFで、G9 X Mark IIは31点でRX100M5は25点ですが、RX100M5は位相差AFで315点あります。動画は、G9 X Mark IIはフルHDまでしかないですが、RX100M5は4K記録もできます。

動画を重視するなら、RX100M5のほうが断然優れています。バッテリーの撮影枚数は、G9 X Mark IIはCIPA基準で約235枚で、RX100M5はCIPA基準でモニターで約220枚です。

G9 X Mark IIとRX100M5のどちらもUSB充電ができますが、RX100M5はUSB給電をしながらの撮影もできます。G9 X Mark IIの本体のみの重さは約182gで、RX100M5の本体のみの重さは、約272gです。

G9 X Mark IIとRX100M5の主な違いを書きましたが、それぞれの機種のことは、G9 X Mark IIRX100M5の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事