G5 XとRX100 IV (RX100M4)の違いと比較

G5 XとRX100 IV (RX100M4)

PowerShot G5 XDSC-RX100M4の主な違いを比較を書いています。G5 Xの総画素数は約2090万画素で、RX100 IV (RX100M4)の総画素数は約2100万画素です。センサーはどちらも1.0型で、G5 Xの画像処理エンジンはDIGIC 6でRX100 IV (RX100M4)の画像処理エンジンはBIONZ Xです。G5 Xのレンズの焦点距離は24mmから100mm相当で、レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF1.8、望遠端でF2.8です。RX100 IV (RX100M4)のレンズの焦点距離は、24mmから70mm相当です。以下に続きます。


スポンサーリンク


RX100 IV (RX100M4)の開放F値は、広角端でF1.8、望遠端でF2.8です。望遠端の100mmと70mmでは30mmの違いがあるのでより望遠撮影がしたいのならG5 Xですが、その分のボディの重さの違いもあります。G5 Xのボディのみの重さは約353gで、RX100 IV (RX100M4)のボディのみの重さは約271gです。RX100 IV (RX100M4)はレンズの焦点距離が短く気軽に持ち歩けて、G5 Xは100mm相当まで使えても、RX100 IV (RX100M4)ほどは気軽に持ち歩けません。

G5 Xのレンズは9枚羽根絞りで、RX100 IV (RX100M4)は7枚羽根絞りです。どちらの機種にも3段分のNDフィルターがあって、シャッタースピードやレンズの絞りやISO感度でも適正露出にならない時に減光するオートNDフィルター機能があります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。デジタルテレコンとはに書いていますが、G5 Xにはデジタルテレコンがあります。

RX100 IV (RX100M4)の電子ビューファインダーは、G5 Xとは違って、収納式です。G5 Xの液晶モニターは3.0型で約104万ドット、RX100 IV (RX100M4)のモニターは3.0型で約122.9万ドットです。G5 Xのモニターはバリアングル式なので撮影角度が自由で裏返しに収納できてモニター面の傷も防げますが、RX100 IV (RX100M4)は上に約180度、下に約45度のチルト式です。G5 Xのモニターはタッチパネル式ですが、RX100 IV (RX100M4)はタッチパネルではありません。

G5 Xのバリアングルモニターには、自分撮り専用のモードもあります。G5 XとRX100 IV (RX100M4)はISO125からISO12800まで使えるのは同じですが、RX100 IV (RX100M4)は拡張感度のISO80とISO100、連写合成でノイズが減らせるマルチショットノイズリダクションでISO25600まで使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。シャッタースピードの上限は、どちらもメカシャッターでは1/2000秒で同じです。

RX100 IV (RX100M4)は、電子歪みをできるだけ抑えた電子シャッターでは1/32000秒が使えます。RX100 IV (RX100M4)は、記録メディアにSDカードの他にメモリースティック系も使えます。連写性能は、G5 Xは被写体の1コマ目にピントを固定で約5.9枚/秒で、RX100 IV (RX100M4)はピント固定の連続撮影で約5.5コマ/秒です。RX100 IV (RX100M4)は、速度優先連続撮影では、最高で約16コマ/秒で連写できます。

G5 Xの測距点数は31点で、RX100 IV (RX100M4)は25点です。動画性能にはかなりの違いがあります。G5 XはフルHDの1920×1080の60pで撮影できますが、RX100 IV (RX100M4)は4K動画(3840×2160)で撮影できます。RX100 IV (RX100M4)は、動画撮影中に約1700万画素の静止画撮影もできます。動画も重視するなら、G5 XよりRX100 IV (RX100M4)です。G5 Xには露出補正ダイヤルもあって、背面にAEロックボタン、大きめのサムグリップもあって、ボディの操作面ではG5 Xのほうが優れています。

内臓フラッシュはG5 XとRX100 IV (RX100M4)のどちらにもありますが、G5 Xにはアクセサリーシューもあって外部ストロボも使えるので、フラッシュ撮影も重視するならG5 Xです。バッテリーの持ちは、G5 XはCIPA基準でモニターでは約210枚、ファインダーで約215枚、RX100 IV (RX100M4)はCIPA基準でモニターでは約280枚、ファインダーで約230枚です。G5 Xは、エコモードでは約320枚です。動画撮影時間は、G5 Xは約40分、RX100 IV (RX100M4)は約45分です。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事