G5 XとG3 Xの違いと比較

G5XとG3X

キヤノンのPowerShot G5 Xと、PowerShot G3 Xの主な違いと比較を書いています。総画素数はどちらも同じ約2090万画素で、画像処理エンジンも同じ、撮像素子も1型の裏面照射型CMOSで同じです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが減少したセンサーです。G5 XとG3 Xが大きく違うのは、レンズの焦点距離です。G5 Xは24mmから100mm相当のレンズで、実質の焦点距離は8.8mmから36.8mmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


G3 Xは、24mmから600mm相当のレンズで、実質の焦点距離は8.8mmから220mmです。レンズの明るさも違います。G5 Xのレンズが最も明るい開放F値は広角端でF1.8で望遠端でF2.8、G3 Xの開放F値は広角端でF2.8で望遠端でF5.6です。広角端の24mm相当は、G5 XとG3 Xのどちらも同じです。G3 Xは220mm相当までの焦点距離があるのに、G5 Xと同じ24mm相当で画角が広く撮影できる長所があります。G5 Xの24mmから100mm相当は、特によく使う焦点距離です。

100mm相当までの焦点距離をよく使うのならG5 Xで、G5 XはF1.8からF2.8のレンズの明るさがG3 Xより勝っています。G3 Xは600mm相当まで使えても望遠端の開放F値はF5.6で、24mm相当でもF2.8です。ISO感度はどちらの機種もISO125からISO12800まで使えるのは同じで、高感度ノイズのレベルも同等です。G5 Xのほうが開放F値が明るいので、G3 Xと同じ状況でも、G5 Xのほうがシャッタースピードが稼げます。暗い場面での撮影をよくするのなら、G5 Xを使ったほうがいいと思います。

G5 Xの本体のみの重さは約353gで、G3 Xの本体のみの重さは約690gです。G3 XはG5 Xより、約2倍も重さがあります。G5 XはG3 Xより気軽に持ち歩けて、シャッタースピードが稼げて、暗所もG3 Xより得意なので、手軽なスナップ撮影などはG5 Xのほうが向いています。G5 Xの最短撮影距離時の撮影範囲は3対2の広角端で94mm×63mm、望遠端で150mm×100mmで、G3 Xは3対2の広角端で109mm×72mm、望遠端で89mm×59mmです。

G5 XにはNDフィルターで適正露出になるオートNDフィルター機能があります。G5 Xには0.39型のEVFがあって、約236万ドットでアイセンサーもあります。G3 XにはEVFがなく、モニターのみです。このファインダーがあるかないかも、大きな違いで、ファインダーなら晴天時でも被写体をしっかり見ることができます。G5 Xの液晶モニターは3.0型の約104万ドットで、バリアングル式で裏返しにできます。G5 Xのモニターは、G3 Xにはない自分撮り専用のモニターモードもあります。

G3 Xの液晶モニターは3.2型の約162万ドットで、チルト式で、上に180度、下に45度に動かせます。G5 Xにはファインダーもあってバリアングル式なので、G3 Xより撮影のしやすさがあります。G5 Xは動画撮影で、1/8秒が使えます。G5 XのMF拡大機能は10倍まで使えますが、G3 Xは4倍までしか使えません。G5 Xのほうが精緻なピント面合わせがしやすくなっています。G3 Xは、防塵と防滴に配慮したボディーになっています。

G5 XのバッテリーはNB-13Lで、G3 XのバッテリーはNB-10Lです。G5 Xのバッテリーの持ちは、CIPA基準で、ファインダーで約215枚、モニターで約210枚、エコモードで約320枚です。動画の撮影可能時間は、キヤノンの測定基準で約40分です。G5 XはUSB充電に対応していますが、G3 Xは未対応です。G3 Xのバッテリーの持ちは、CIPA基準で、モニターで約300枚、エコモードで約410枚です。動画の撮影可能時間は、キヤノンの測定基準で約1時間5分です。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事