EOS 8000DとEOS Kiss X8iの違いと比較

EOS 8000DとEOS Kiss X8i

EOS 8000DEOS Kiss X8iの主な違いと比較を書いています。EOS 8000Dは、電子水準器が使えます。EOS Kiss X8iのISO感度はISO100からISO6400まで使えて、拡張感度にISO12800相当があります。EOS 8000DのISO感度はISO100からISO12800まで使えて、拡張感度にISO25600相当があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EOS 8000DはEOS Kiss X8iより、常用感度域で1段の余裕があって、拡張感度でも約1段相当の余裕があります。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。EOS 8000Dのほうが高感度側に余裕があるので、暗所での撮影が多い場合にはEOS 8000Dのほうがいいです。

特に、体育館などでの室内スポーツ撮影で動く被写体を静止して写したい場合などは、EOS Kiss X8iよりEOS 8000Dがいいです。EOS 8000Dは、EOS Kiss X8iではできないライブビュー撮影でサーボAFで約3コマ/秒の連写ができます。EOS 8000Dには白飛びが抑えることができるHDR動画の機能があって、フルHD時にはデジタルズームが使えます。

EOS Kiss X8iにはHDR動画もデジタルズームの機能もないので、EOS 8000Dより動画撮影の機能でも劣っています。EOS 8000DにもEOS Kiss X8iにも、どちらにもモードダイヤルはあります。EOS Kiss X8iのモードダイヤルはボディの右肩にあってロックボタンがありませんが、EOS 8000Dのモードダイヤルはボディの左肩にあってロックボタンがあります。

他にも、EOS 8000Dにはボディ上面の表示パネルに、サブ電子ダイヤルもあります。設定の確認のしやすさのパネルに、便利な電子ダイヤルに、勝手にダイヤルが回らないロックボタンがあるEOS 8000Dのほうが、EOS Kiss X8iより上級者向けのカメラになっていることが分かります。EOS 8000Dの本体のみの重さは約520gで、EOS Kiss X8iの本体のみの重さは約510gです。

静止画でも動画面で、EOS 8000DはEOS Kiss X8iより優れています。撮影する被写体や、光量などを考えてからどちらにするか決めることになります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事