カシオ EXILIM EX-ZR1100 レビュー 比較と評価

HIGH SPEED EXILIM EX-ZR1100

カシオのHIGH SPEED EXILIM EX-ZR1100は、2012年11月9日に発売されたEX-ZR1000の後継機です。前機種のEX-ZR1000との比較では、EX-ZR1000は内臓メモリーが52.2MBありましたが、EX-ZR1100の内臓メモリーは48.9MBに減りました。EX-ZR1000は3.0型の約46万ドットの液晶モニターでしたが、EX-ZR1100は同じ3.0型で約92万ドットになりました。EX-ZR1100とEX-ZR1000の見た目の大きな違いは、この液晶モニターです。前機種のEX-ZR1000はCIPA基準で約470枚の撮影枚数でしたが、後継機のEX-ZR1100ではエコモード時に約590枚の撮影枚数に増えました。前機種のEX-ZR1000はエコモードがなかったので、後継機のEX-ZR1100より撮影枚数が少ないです。エコモードは2013年モデルになって搭載する機種が増えて、バッテリーの持ちがよくなっています。キヤノンのS120G16でもエコモードを搭載して、撮影枚数が増えています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EX-ZR1100は1/2.3型の裏面照射型CMOSですが、これは今までの撮像素子の流れを見るとソニー製のものです。ソニー製の裏面照射型CMOSは内閣総理大臣発明賞も受賞していて、かなり画質がいいと高評価の撮像素子です。EX-ZR1100のレンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.0から望遠端でF5.9です。EX-ZR1100は24mmから300mm相当のレンズで、実質の焦点距離は4.24mmから53.0mmです。スーパーマクロを使えば、広角端で約1cmまで寄れます。EX-ZR1100は1/2.3型の小型センサーで実質4.24mmのレンズですが、スーパーマクロまで近づけば、被写界深度はかなり浅くなってボケた写真になります。

マクロ撮影でボケた写真ではなく、マクロでもピントが合った写真を撮るにはEX-ZR1100には全焦点マクロ機能があります。連写の合成でピントが合った写真が撮れる機能が、全焦点マクロです。ピントは点で合うのではなく、面で合うピント面になります。EX-ZR1100は、シャッタースピード優先や絞り優先だけでなくマニュアル露出もできるので、撮影表現の幅が広がります。EX-ZR1100の露出補正の幅は±2なので、コンデジのエントリー機並です。EX-ZR1100の手ブレ補正効果はCIPA基準で光学式で1.5段分なので、補正の幅はかなり小さく手ブレに強い機種ではないです。光学式と高速連写の合成で4.5段分の手ブレ補正効果があります。高性能な機種やレンズでは、光学式手ブレ補正のみで約4.0段分くらいの補正効果があります。

EX-ZR1100は動画撮影中の光学ズームができて、タイムラプス動画とミニレビュー表示機能があります。タイムプラス動画は時間間隔を空けて撮影した写真で、動画を合成する機能です。ミニレビュー表示は撮影した写真が再生画面にしなくても、液晶画面に撮影画像が表示される機能です。EX-ZR1100の液晶モニターはチルト液晶でカメラの上部まで持っていけるので、自分側に向けた写真が簡単に撮れます。バリアングル液晶の場合には液晶モニターがカメラの横に向いて正面に向きますが、EX-ZR1100はカメラの上部に向けることができるので、バリアングル液晶にはできない便利な撮影ができます。

EX-ZR1100にはカメラに内臓の自立スタンドがあるので、それでEX-ZR1100を立てかけて置くことができます。EX-ZR1100にはモーションシャッターがあってシャッターボタンを押さないでもシャッターが切れるので、カメラを上部に向けて自立スタンドを使ってモーションシャッターを使えば、簡易三脚と簡易リモコンとして使えます。EX-ZR1100はステップズームもあって、フルHD動画も撮れて、SDXCメモリーカードも使えて、USB充電でパソコンからも充電できます。EX-ZR1300のレビューと比較に、後継機の記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事