カシオ EXILIM EX-ZR1300 レビュー 比較と評価

HIGH SPEED EXILIM EX-ZR1300

カシオのHIGH SPEED EXILIM EX-ZR1300は、2013年9月20日に発売されたEXILIM EX-ZR1100の後継機に当たる機種です。EX-ZR1100との大きな違いは、EXILIM EX-ZR1300ではアートショットブラケティングができるようになったことです。通常の1枚の写真に加えて、4種類のアートショットの5種類の写真のブラケティングができるのが、アートショットブラケティングです。カシオのアートショットでもブラケティングしたいのなら、EXILIM EX-ZR1300を購入するしかないです。他にも、EXILIM EX-ZR1100との比較では、EXILIM EX-ZR1300になって、アートショットの印象的な宙玉(そらたま)も含めて、トゥインクルショット以外のアートショットが動画でも使えるようになっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


EXILIM EX-ZR1300では、EXILIM EX-ZR1100とは違って、プレミアムオート PROの連写撮影でONとOFFの設定もできるようになっています。EXILIM EX-ZR1300は、凡庸なコンデジではなく、優れた性能を持っています。それが連写性能です。もともと、カシオは連写性能に優れた機種を発表してきたメーカーです。EXILIM EX-ZR1300でも、16Mサイズの記録画素数で、30コマ/秒の連写ができます。さらには、AF追従連写で6コマ/秒の連写もできます。AFが追従しても6コマ/秒も連写できるのは、一眼レフを入れても優れた連写性能です。特に連写性能を重視するコンデジを選択肢に入れるのなら、EXILIM EX-ZR1300はその中に入る機種です。

EXILIM EX-ZR1300は、動画撮影中でも16Mのサイズで最大で10コマ/秒で連写ができて、1回のシャッターでは最大で7枚まで、動画撮影内では最大で28枚の記録ができます。EXILIM EX-ZR1300の総画素数は1679万画素で、撮像素子は1/2.3型の裏面照射型のCMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが少ないセンサーです。画像処理エンジンは、EXILIMエンジンHS Ver.3です。レンズの明るさの開放F値は、広角端でF3.0、望遠端でF5.9です。レンズの焦点距離は、35mm判換算で約24mmから300mmで、実質の焦点距離は、4.24mmから53.0mmです。

EXILIM EX-ZR1300のシャッタースピードの上限は、プレミアムオートPROでは1/4000秒、シャッター速度優先AEとマニュアル露出での高速連写モード時には1/25000秒、それ以外では1/2000秒です。通常の撮影でのシャッタースピードの上限は、1/2000秒です。絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル露出での撮影もできます。静止画のオートの標準感度はISO80からISO3200相当まで、HSナイトショットではISO25600相当まで使えます。液晶モニターは3.0型の約92万ドットで、180度に動かせるチルト式です。スーパーマクロで、レンズ先端から被写体まで約1cmまで寄れます。

EXILIM EX-ZR1300の露出補正の補正幅は±2段で、エントリーコンデジ並みの補正幅です。超解像技術で、できるだけ画質の劣化を抑えたプレミアムズームでは、600mm相当までズームできます。CMOSシフト方式の手ブレ補正の補正効果は、300mm相当の望遠端で、光学式では1.5段分、光学式と高速連写合成の併用では4.5段分です。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段刻みのことを書いています。動画はフルHDの1920x1080で、フレームレートは30fpsです。記録メディアはSDカードです。内蔵メモリーは、49.9MBです。EXILIM EX-ZR1300の起動時間は約0.99秒、AF時間は約0.15秒、レリーズタイムラグは約0.015秒、撮影間隔は約0.25秒です。

EXILIM EX-ZR1300は、RAWにも対応しています。液晶を開いて電源を入れることもできます。マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。バッテリーのNP-130とNP-130Aで、CIPA基準で、静止画のエコモード時に約590枚の撮影枚数です。EXILIM EX-ZR1300は、コンデジの中でバッテリーが持つ機種の代表です。本体のみで約216gです。ホワイト、ブラウン、ビビッドピンクの3色があります。それ以外のことは前機種のEX-ZR1100と機能が同じなので、EXILIM EX-ZR1100のレビューと比較に、EX-ZR1300と同じ機能のことも書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事