Canon PowerShot G9 X Mark II レビュー 比較と評価

PowerShot G9 X Mark II

キヤノンのPowerShot G9 X Mark IIは、2015年10月22日に発売されたG9 Xの後継機です。

G9 X Mark IIの有効画素数は約2010万画素で、1.0型の裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。以下に続きます。


スポンサーリンク


画像処理エンジンはDIGIC 7です。画像処理エンジンの改善もあって、レンズを絞った時に画質が低下する回折現象が抑えられています。レンズはF11まで絞れます。

レンズの焦点距離は28mmから84mm相当で、実質の焦点距離は10.2mmから30.6mmです。開放F値は広角端でF2.0、望遠端でF4.9です。

マクロ性能はレンズの先端から被写体まで、広角端で5cmまで寄れます。最短撮影距離時の撮影範囲は、3対2で、広角端で77mm×51mm、望遠端で176mm×117mmです。

レンズの絞り羽根枚数は9枚羽根絞りで、ボケ味は円形に近いです。光学手ブレ補正の補正効果は、静止画のCIPA基準で、望遠端で3.5段です。

モニターは縦横比が3対2の3.0型の約104万ドットで、タッチパネル式です。ISO感度は、ISO125からISO12800です。シャッタースピードの上限は1/2000秒で、バルブ撮影もできます。

記録メディアはSDカード系で、UHS-Iカードに対応です。連写性能は、秒間コマ数がJPEGで約8.1枚/秒で38枚までの連続撮影で、RAWで約8.2枚/秒で、21枚までの連続撮影です。

AFの測距点数は、31点です。露出補正の補正幅は±3段で、1/3段ステップで補正できます。動画はフルHDの1920×1080の60fpsで撮影できます。

動画のファイル形式はMP4、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はMPEG-4 AAC-LCのステレオです。動画撮影中に光学ズームができます。

タイムラプス動画もできます。光学式手ブレ補正に、電子式手ブレ補正を加えた5軸手ブレ補正が、動画撮影で使えます。スピーカーはステレオです。

MF拡大が5倍と10倍があります。デジタルテレコンは約1.6倍と約2倍です。デジタルテレコンとはに、デジタルテレコンのことを書いています。カメラ前面に設定変更ができるコントローラリングがあります。

内蔵のNDフィルターは3段分の減光ができて、オートNDフィルター機能もあります。ピント面を色の輪郭で強調できるピーキング機能もあります。

カメラ内RAW現像もできます。カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのかに書いています。星空モードもあります。内臓フラッシュもあります。

Wi-Fi、近距離無線通信のNFC、Bluetoothも使えます。バッテリーの撮影枚数は、NB-13Lで、CIPA基準で約235枚です。エコモードを使えば約315枚です。

USB充電ができます。PowerShot G9 X Mark IIの本体のみの重さは、約182gです。

G9 X Mark IIとLX9の違いG9 X Mark IIとRX100M5の違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事