Canon IXY 160 レビュー 比較と評価

Canon IXY 160

キヤノンのIXY 160の総画素数は約2050万画素で、センサーは1/2.3型のCCDです。IXY160は裏面照射型のCMOSではなく、従来型の表面照射型のセンサーです。表面照射型は裏面照射型よりも高感度時のノイズが多いセンサーで、IXY 160はその表面照射型センサーです。IXY 160のISO感度の設定幅は、ISO100からISO1600までしかないです。以下に続きます。


スポンサーリンク


このISO感度の設定幅の狭さを見ても、IXY 160が表面照射型センサーであることがあらわれています。高感度でISO1600までしかないデジカメは現在では、IXY 160のような最エントリークラスの機種しかありません。IXY 160と同時期の現行デジカメの中では、IXY 160は高感度撮影が最も苦手な機種の一つです。

IXY160の映像エンジンはDIGIC 4+で数世代前の映像エンジンになっているので、高感度時のノイズが多くなっています。焦点距離は28mmから224mm相当で、実質の焦点距離は5mmから40mmです。レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.2、望遠端でF6.9です。特に、224mm相当でのF6.9のレンズの暗さは使いにくい撮影場面も出てきます。

画素数を落してズームできるプログレッシブファインズームの約1000万画素では、20倍の560mm相当までズームできます。マクロ性能は、レンズの先端から被写体まで、広角端で約1cmまで寄ることができます。最短撮影距離での撮影範囲は、広角端で23mm×18mm、望遠端では225mm×169mmになっています。

手ブレ補正の補正効果は、静止画では、CIPA基準で望遠端で2.5段です。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。ファインダーはありません。液晶モニターは、2.7型の約23万ドットです。23万ドットのモニターも一昔前のドット数で、IXY 160が最エントリークラスの機種であるモニターになっています。

IXY 160には、オート撮影の他に、プログラムモードでの撮影もできます。プログラムモードでは、露出補正にホワイトバランスにISO感度の設定を変更して撮影ができます。シャッター優先、レンズの絞り優先、マニュアル撮影はできないので、撮影の表現に幅が出ません。シャッタースピードの上限は1/2000秒で、下限は15秒です。

記録メディアは、SDカード系です。連写の秒間コマ数は、約0.8枚/秒です。露出補正の補正幅は、±2段です。±2段は、最エントリークラスの補正幅です。補正ステップ数は、1/3段ステップです。動画性能は、1280×720の25fpsで、約15Mbpsで撮影できます。動画撮影中の光学ズームができます。

動画のファイル形式はMOVで、動画の映像はMPEG-4 AVC/H.264、動画の音声はモノラルのリニアPCMです。内臓フラッシュが使えますが、別売のハイパワーフラッシュのHF-DC2も使えます。通信機能のWi-Fiと近距離無線通信のNFCは使えません。氷点下では動作環境外です。ばってりーは、NB-11Lを使います。

CIPA基準で、約200枚、エコモードで約260枚の撮影枚数です。IXY 160の本体のみの重さは、約112gです。ボディの色には、レッドとシルバーがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事