YouTuberには一眼とビデオカメラのどちらが向いてるか

YouTuberと一眼とビデオカメラ

特に有名なYouTuberになるほど、使っているカメラは、ミラーレス一眼が多いです。一眼レフやビデオカメラが使われていることもあります。

ビデオカメラより、レンズ交換式のミラーレス一眼が使われるのは、撮像素子の大きさにあります。一眼はセンサーの大きさが、マイクロフォーサーズ以上で35mmフルサイズがよく使われています。

ビデオカメラはセンサーが小さいものばかりで、マイクロフォーサーズもあれば、巨大なセンサーのビデオカメラです。ビデオカメラは、一眼に比べると、センサーの大きさを考えると価格が高い問題もあります。

一眼は静止画の写真のためのカメラだったのが、動画機能をますます重視してきているので、価格を抑えて画質のよさを選ぶなら一眼動画のほうがいいです。

一眼動画がYouTubeで本格的に使えるようになったのは、X-T4の影響も大きいと思います。

センサーが大きいことで、背景のボケが違ってくるので、YouTubeでの商品紹介時にも商品だけを写して背景をボカすことで、商品だけに焦点を当てることができます。

これがビデオカメラだと、商品も背景も全てピント面が合ってしまいます。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。

センサーが大きいことで、暗い場面での画質が、ビデオカメラよりもかなり優れている利点もあります。センサー面の価格で考えても一眼動画のほうが安くて画質がよくても、ビデオカメラのほうが優れている面もあります。

ビデオカメラは長時間撮影するために作られているので、2時間くらいカメラを持つことも考えられていて、特に、運動会などで使いやすいです。

画質も運動会などの晴天で十分に光量がある時には、ビデオカメラでも綺麗に撮れます。背景をボカす必要もなく、運動会などで記録的に動画撮影をするなら、ビデオカメラで十分です。

YouTuberにビデオカメラが向いているかどうかは、YouTuberの多くは、定点撮影をしています。ビデオカメラのように、持ち歩いて長時間撮影することは少ないです。

自宅で三脚を立てて一眼動画で撮影するなら、カメラの持ちやすさは関係ないです。それに、YouTuberの動画の長さは10分から20分くらいが多いので、ビデオカメラのような長時間撮影は必要ないです。

高画質な動画が撮れるミラーレス一眼の一眼動画がYouTuberに好まれているのは、ビデオカメラの利点になる、長時間撮影と持ちやすさが、YouTuberの撮影には向いてないからです。

一眼動画はビデオカメラよりも高画質なのは間違いないですが、音質面で問題があるので、外部マイクは使ったほうがいいと思います。自撮りしやすいように、バリアングルのように自分側にモニターを向けられる一眼カメラを使えば、外部モニターは必要なくなります。

動画の撮って出しとYouTube

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。

関連記事