RICOH WG-70 レビューと比較

RICOH WG-70

RICOH WG-70は、2018年11月16日に発売されたRICOH WG-60の後継機です。

RICOH WG-70の特徴は、レンズ周囲の6灯のLEDでのスーパーマクロ撮影ができるデジタル顕微鏡モードが、12Mでも記録できるようになったことです。2Mでは6.6倍までズームできますが、12Mでは光学ズームで1.8倍までです。

水深14mで2時間までの防水性、氷点下10度の耐寒性、1.6mの耐衝撃性、100kgfまでの耐荷重のタフネスモデルで、魚拓フィルターが使えるようになっています。魚拓のようになる画像加工の機能で、白黒のハイコントラストになります。

国土交通省写真管理基準(案)平成30年3月に適合したCALSモード時の記録サイズに対応しています。有効画素数は約1600万画素で、1/2.3型の裏面照射型CMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。

レンズの焦点距離は約28mmから140mm相当で、レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.5、望遠端でF5.5です。140mm相当までの望遠までしかないのに、28mm相当の時にもF3.5です。レンズが最も明るいのがF3.5と暗いので、光量が少し不足している場面ではシャッタースピードが稼げないので、ISO感度を上げるかフラッシュを使う必要があります。

マクロ性能は、ズームの中間で、レンズの先端から被写体まで1cmまで寄れます。モニターは2.7型で、約23万ドットです。RICOH WG-70の発売日よりも5年以上前のエントリーコンデジでも、3.0型で90万画素くらいありました。RICOH WG-70はモニターの性能がよくないです。

屋外でモニターが見やすくなるアウトドアモニターがあって、撮影状況によってプラス側に2段階、マイナス側に2段階に設定できます。ISO感度は、ISO125からISO6400までです。ISO6400までしか設定できないのもエントリーコンデジ並です。

露出補正の補正幅は、±2EVです。±2段までしか補正できないのは、エントリーコンデジの中でも最も補正幅が狭いです。シャッタースピードの上限は、1/4000秒です。手ブレ補正は電子式で、静止画には高感度でのブレ軽減機能があります。

RICOH WG-70には、ボディ内の光学式の手ブレ補正はありません。静止画でも動画でも使えるマーメードモードでは、青被りも抑えて水中で綺麗に撮影できる機能です。動画は、フルHDで30fpsです。

画像仕上げにクロスプロセスがあって、フィルムに似た風合いの写真にできます。撮影枚数は、CIPA基準で、約300枚です。RICOH WG-70の本体の重さは、約173gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。

関連記事