iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラ機能の比較

iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラ

iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラの主な性能と違いを書いています。一番の違いは、iPhone 11 Proには望遠レンズがあることです。

iPhone 11には、レンズの明るさがF1.8の26mm相当の広角レンズと、F2.4の13mm相当の超広角カメラがあります。どちらも、画素数は1200万画素です。広角レンズには光学式手ブレ補正がありますが、超広角レンズには手ブレ補正がないです。以下に続きます。


スポンサーリンク


手ブレは望遠になるほど目立ってくるので、13mmもの超広角なら手ブレ補正がなくても、問題なく使えることも多いと思います。iPhone 11 Proは、超広角レンズと広角レンズに加えて、レンズの明るさがF2.0の52mm相当の望遠レンズがあります。望遠レンズにも、光学式の手ブレ補正があります。

iPhone 11とiPhone 11 Proのカメラの違いを考えて、どちらを買おうかと思っている場合に、今まで、多くのデジカメの性能を比較してきた経験から書いてみます。

スマホでなく、カメラ専用の一眼レフでは、広角レンズの単焦点の焦点距離は35mmがよく使われてきました。26mmの広角レンズはその35mmよりもさらに広角レンズです。それに、13mmのレンズは、一眼レフの感覚で言うと、魚眼レンズと呼ばれるものに近いです。

魚眼レンズは、広角レンズよりもさらに広角で、被写体を多く切り取る広大な風景撮影はできますが、丸まった写真になるものです。そんな魚眼レンズに近い13mmの超広角レンズが、ProではないiPhone 11にもあることが、かなり貴重なものです。

特に、広大な風景撮影を重視するなら、iphone11でもいいと思います。13mmで撮っても被写体が極端に歪んだりしないのは、デジタル補正しているからで、魚眼レンズと違うところです。iPhone 11にはない52mmのレンズが、自分に必要かを考えることで変わってきます。

一眼レフで、長い間、標準レンズとして使われてきたのが50mmレンズです。50mmは人がそのまま見た画角に近いと言われてきました。写真撮影の腕を上げるには、50mmレンズを使って、足で動いて、広角側も望遠側も画角の感覚を磨いていくことの大切さが繰り返し言われてきました。

写真で最も重要な焦点距離は何かと言われたら、50mmレンズと答えることが多かったのが一眼レフの時代です。スマホのカメラになって自撮りもするようになってから、24mmくらいが標準レンズのような扱いになっていますが、写真の腕も一緒に磨きたい思いがあるなら52mmレンズがあるiPhone 11 Proのほうがいいと思います。

iPhone 11 Proには望遠レンズがあるので10倍ズームができますが、iPhone 11は5倍ズームまでしか使えません。インカメラはiPhone 11とiPhone 11 Proの両方ともが1200万画素になって、F2.2の23mmと30mm相当の焦点距離が使えるようになっています。インカメラで23mmも使えるようになったので、自撮りするのが簡単になりました。

チップも、両方ともA13 Bionicで同じなので、これはiPhone 11 Proと同じチップが使えるiPhone 11のほうにお得感があります。ナイトモードも両方とも使えますが、手ブレ補正がない超広角カメラではナイトモードが使えません。

ナイトモードで撮ると、露出時間に1秒から3秒ほど必要なので、手ブレした写真になります。光学式の手ブレ補正がない超広角カメラではブレてしまうので、ナイトモードが搭載されていません。

ナイトモードで1秒から3秒も露出時間が必要なのは、カメラ本体の内部処理で、連写合成してノイズを減らす処理をしているために時間が必要だからだと思います。これは、デジカメでもよくある高感度撮影時に連写合成でノイズを減らす機能と似ています。

夜間撮影で本格的に綺麗な写真を撮るには、iPhoneに三脚が必要になります。超広角レンズの13mmはナイトモードがなくて、F2.4なので、暗い場面で撮るとノイズが出てきます。動画も、両方ともが4K60fpsまで撮れるようになっています。

iPhone 11とiPhone 11 Proでは、52mmのレンズが必要なければiPhone 11でいいです。自撮りメインで使うなら、iPhone 11でも十分です。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事