PENTAX KP レビュー 比較と評価

PENTAX KP

PENTAX KPの有効画素数は約2432万画素で、APS-Cセンサーのローパスセレクターで偽色やモアレの抑制もできます。画像処理エンジンはPRIME IVです。リアル・レゾリューション・システムの連続撮影での合成で、画質の向上ができます。以下に続きます。


スポンサーリンク


ファインダーの視野率は約100%で、倍率はAPS-C相当で約0.95倍です。ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、倍率のことを書いています。アイポイントは、レンズの中心から約22.3mmです。視度調節の範囲は、約-2.5から+1.5です。

ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。フォーカシングスクリーンはナチュラルブライトマットIIIで、交換式です。モニターの縦横比は3対2で、3.0型の約92.1万ドットのチルト式です。

モニターは赤色画面の表示ができて、電子水準器が使えます。ISO感度は、ISO100からISO819200まで使えます。APS-Cセンサー機なのに、拡張感度を使わないでISO819200まで使えるので、PENTAX KPはかなり高感度域が広いです。

シャッタースピードの上限はメカシャッターで1/6000秒、電子シャッターで1/24000秒です。1/24000秒まで使えるのでかなり便利ですが、電子シャッターとメカニカルシャッターの違いに問題も書いています。

記録メディアはSDカード系で、UHS-I規格に対応しています。連写性能は約7コマ/秒で、RAWで8コマまで連続撮影できます。AFはSAFOX 11で、AFの測距点数は27点で、中央の25点はクロスタイプです。

露出補正の補正幅は±5段で、補正幅は1/2、1/3段刻みで補正できます。動画性能は、フルHDの1920x1080の60iで撮影できます。動画のファイルは、MOVです。内蔵ステレオマイクがあります。低速限界シャッター速度が設定できます。

キーロック機能もあって、ボディ内RAW現像もできます。カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのかに書いています。機能ダイヤルでと設定ダイヤルを使ったスマートファンクションも使えます。手ブレ補正は撮像素子シフト式のSRIIで、5段分の補正効果があります。

ダスト機能は、DR IIのダストリムーバルIIです。AFの検出輝度範囲は、ISO100でEV-3から18です。露出制御の測光方式は、8.6万画素RGBセンサーです。ポップアップ式の内蔵フラッシュがあって、ガイドナンバーは、ISO100で約6.0です。

シャッターユニットの耐久性は10万回です。ボディはマグネシウム合金で、防塵と防滴構造に加えて、-10℃の耐寒性があります。67ヶ所をシーリングしたボディになっています。グリップ交換システムで、3種のグリップに交換できます。

Wi-Fiが使えます。別売のGPSユニットO-GPS1の装着では、天体追尾撮影もできます。電子コンパスも使えます。バッテリーのD-LI109で、CIPA基準で約390枚の撮影枚数です。PENTAX KPの本体のみの重さは、約643gです。

ボディには、ブラックとシルバーがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事