ニコン COOLPIX P600 レビュー 比較と評価

Nikon COOLPIX P600

ニコンのCOOLPIX P600は、2013年2月21日に発売したCOOLPIX P520の後継機です。総画素数は1676万画素で、1/2.3型のCMOSセンサーです。35mm判換算で24mmから1440mm相当の焦点距離で、実質の焦点距離は4.3mmから258mmで、開放F値は広角端でF3.3で望遠端でF6.5です。1440mm相当までの光学ズームがあるので、それで十分すぎるほどの望遠撮影ができますが、P600にはダイナミックファインズームもあります。ニコンのダイナミックファインズームは、できるだけ画質の劣化がしないようにズームするデジタル処理のズームです。P600でダイナミックファインズームを使うと、35mm判換算で約2880mm相当までズームできます。以下に続きます。


スポンサーリンク


COOLPIX P600のレンズシフト式の手ブレ補正は、静止画で3.5段です。段刻みは、レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に書いてます。マクロ撮影では、レンズ面の中央から広角側で約1cmまで被写体に寄れます。電子ビューファインダーは0.2型液晶の約20万ドット相当で、視野率は約100%で、視度調節機能付きです。視度調整の範囲は、-4 ~ +4です。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。3型液晶モニターで、約92万ドットのRGBWです。RGBWの液晶モニターは、通常のRGBの三色モニターにホワイトの一色を追加して、晴天時に液晶モニターが見にくくなるのを防いだモニターです。

COOLPIX P600の液晶モニターはバリアングル方式なので、撮影角度が自由にできます。内蔵メモリーは約56MBで、SDXCメモリーカードにも対応しています。連写性能は、16Mの4608×3456で約7コマ/秒です。サイドズームレバーもあって、焦点距離をセットできるズームメモリーもあります。多重露出撮影もできるので、印象的な撮影もできます。1920×1080のフルHD動画で、フレームレートは30pです。ISO感度はISO100からISO6400まで、ISO12800は高感度モノクロ時に使えます。露出補正幅は±2段なので、エントリーコンデジ並です。

COOLPIX P600のシャッタースピードの上限は1/4000ですが、P600はレンズシャッターなので、広角端でF7.6までレンズを絞らないといけません。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いに、シャッタースピードの上限の違いについて書いています。EN-EL23のバッテリーで約330コマの持ちで、電池とSDカード込みで約565グラムです。Wi-Fiにも対応しています。P600はAF速度が遅いですが、1440mm相当の光学ズームが気軽に使えるのは、撮像素子が1/2.3型なのでレンズも小さくできるからです。

P610のレビューに、後継機のことを書いています。P610とP600の違いに、違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事