EOS KissX7 背面液晶 ライブビューAFも実用範囲

KissX7の背面液晶とライブビューAF

前の01の「キヤノン EOS Kiss X7のレビューと比較」の記事からの続きです。

キヤノンのEOS KissX7でまず注目したいのが、ライブビュー性能の向上です。実際に使ってみると、かなりライブビューが使えるようになりました。上位機の60Dや7D、5D Mark III、6D、さらには最上位機のEOS-1D XのライブビューでのAF速度は、一昔前のコンデジの中でも特に遅かったAF並で、KissX7のライブビューのAFに比べるとかなり遅いです。上位機でも、1D Xまで含めて、ライブビュー機能はKissX7に大きく劣るのです。以下に続きます。


スポンサーリンク


KissX7のライブビューAFが速いのは、ハイブリッド CMOS AF IIを搭載しているからです。ハイブリッド CMOS AF IIは、背面液晶のライブビュー画面全体の80%で位相差AFが作動します。これも実際に使ってみると、AFの範囲が広がっているのが分かって、もっさりしていた上位機の背面液晶AFよりも本当に早くなっているのが実感できるので、使ってみてください。

同時期に発売の上位機のKiss X7iでも、Ⅱよりも一世代前のハイブリッド CMOS AFを搭載しています。ハイブリッド CMOS AFはライブビュー画面の3割くらいでしか位相差AFが作動せずに、しかも、Kiss X7よりはかなりライブビューAFは遅いです。ライブビューを使うのならX7iではなくX7のほうが高性能なので、X7のほうをお薦めします。

Kiss X7iとの違いは、kiss X7は連写速度が最高4コマ/秒で、Kiss X7iは5コマ/秒なので、連写性能はX7iのほうが1コマ優れています。Kiss X7は中央クロス9点AFセンサーでKiss X7iはオールクロス9点AFセンサーなので、X7iのほうが光学ファインダーでのAF性能が高精度です。ライブビューも使いたいのならX7、主に光学ファインダーで撮影するのならX7iがいいと思います。

次の03の「キヤノン EOS Kiss X7 スマホ層も取り込むデジタル一眼レフ」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事