K-70とK-50の違いと比較

K-70とK-50

K-70K-50の違いを書いています。大きな違いに、K-50は単三形電池ホルダーのD-BH109が付属しているので、K-50で単三電池が使えることがあります。特に、海外での撮影では、K-70よりK-50のほうがバッテリー切れでも安心して撮影できます。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズ交換式で単三電池が使える機種はほとんどないので、K-50はそれだけでも大きな価値ある機種です。K-70のファインダー倍率はAPS-C相当で約0.95倍で、K-50は約0.92倍です。K-70の測距センサーはSAFOX Xで、K-50はSAFOX IXi+です。

K-70の常用感度はISO100からISO102400で、K-50はISO100からISO51200です。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、常用感度のことを書いています。K-50の本体のみの重さは約590gで、K-70は本体のみで約628gです。

K-50の画像処理エンジンはPRIME Mで、K-70はPRIME M IIです。K-50の有効画素数の約1628万画素、K-70の有効画素数は約2424万画素です。K-50は光学ローパスフィルターがありで、K-70はローパスフィルターレスです。

K-70に、偽色やモアレを防ぐためのローパスセレクターの機能があります。K-70のモニターはバリアングルです。K-70には、K-50にはないアウトドアモニター機能があって、暗所での目に優しい赤色画面表示ができます。

K-70はバルブ撮影で20分まで設定できます。K-70は位相差AFとコントラストAFが使える像面位相差AFなので、モニターでのAF速度がK-50よりも速く使えます。K-70には、手ブレ補正機能での4枚連写で高解像度のリアル・レゾリューション・システムの機能もあります。

K-70はリアル・レゾリューション・システムや赤色画面表示などを見ても、発売時期のK-50との違いが出ています。K-50のAFの検出輝度範囲は EV-1から18で、K-70はEV-3から18です。

K-70はWi-Fi内臓で、K-50には内臓していません。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事