D810とD610の違いと比較

D810とD610

ニコンのD810とD610の主な違いと比較を書いています。D810の総画素数は3709万画素で、D610の総画素数は2466万画素です。D610の画像処理エンジンはEXPEED 3で、D810はEXPEED 4です。D610のほうが一世代前の画像エンジンです。D810はローパスフィルターレスで画素数も多いので、D610よりも解像した写真が撮れます。D810は91Kピクセル(約91000ピクセル)RGBセンサーで、9万1000画素を使っての測光機能ですが、D610は2016分割RGBセンサーです。D810の測光センサーの精度のほうがD610よりかなり優れているので、D810のほうが露出の正確性も向上しています。D810には撮像範囲が30×20の1.2×と、撮像範囲が30×24の5:4があります。以下に続きます。


スポンサーリンク


D810の静止画のISO感度は、常用感度がISO64からISO12800です。D610の常用感度は、ISO100からISO6400です。D810のほうが、D610よりも低感度側でも高感度側でも、画質がよくなっています。D810は、減感と増感でISO32相当からISO51200相当まで使えます。D610は、減感と増感でISO50相当からISO25600相当まで使えます。減感と増感を含めても、D810のほうが使えるISO感度領域が拡大しています。D810のAF性能は測距点は51点で、D610の測距点は39点です。D810は開放F値が暗いF8のレンズでも11点の測距点に対応して中央の1点はクロスセンサーが使えて、D610はF8レンズで7点に対応して、中央の1点はクロスセンサーが使えます。D810では、グループエリアAFも使えるようになっています。

D810はD610よりも、ファインダー内での測距点の広がりがあります。D810はシャッタースピードの上限が1/8000秒で、D610は1/4000秒です。D810のほうがAFのクロス測距の性能も優れている上に、91ピクセルのRGBセンサーもあるので露出も優れていて、写真にこだわりのある人ほど、D610よりもD810のほうが惹かれる性能を持っています。D610はニコンの35mmフルサイズのFXフォーマットのエントリー機でD810はミドル機なので、D610のほうが機能が省かれているところが複数あります。シャッタースピードの上限も含めて、D610では物理的に不可能な機能をD810は持っているので、D810では可能な写真がD610では撮れないこともあります。

D610でD810と同等の写真を撮ろうとするならその撮影者の確かな腕が必要になりますが、価格的に余裕があるのなら、最初から機能に優れたD810を購入したほうがいいと思います。D810のほうがD610よりもサイズと重さがあるので、軽さの面ではD610のほうが優れています。D610は本体のみで約760gで、D810は本体のみで約880gです。この約120gの差をどう見るかです。120gは、コンデジのスリムコンパクト機本体の一台分です。サイズと重さも気にならなくて、価格面でも問題ないのなら、D810のほうがいいです。D810は1920×1080のフルHD動画でフレームレートが60pで撮影できますが、D610は1920×1080の30pです。

D610は内蔵モノラルマイクですが、D810は内蔵ステレオマイクです。D810はのRAWはサイズ選択ができて、LとSサイズが使えます。D810のsRAWは12ビットで非圧縮に固定で圧縮できないので、sRAWでも容量があります。D810とD610が同じ条件の時に、D810のアイポイントが17mmでD610のアイポイントが21mmで、D610のアイポイントのほうが4mm長いです。D810は、ミラーアップ撮影で電子先幕シャッターが使えます。フラッシュの同調速度は、D810は1/250秒で同調、D610は1/200秒で同調します。AF追従連写は、D610はFXフォーマットで約6コマ/秒、D810はFXフォーマットで最高約5コマ/秒です。D810でフォーマットの撮像範囲を小さくすると、連写枚数が伸びます。

D810は、バッテリーグリップのMB-D12とバッテリーのEN-EL18aを使って、DXフォーマットでは約7コマ/秒のAF追従連写ができます。D610はJPEGでの連続撮影枚数は最大で100枚まででしたが、D810でもJPEGの連続撮影枚数は100枚です。D810の液晶モニターは3.2型の約122.9万ドットのRGBW配列で、D610は3.2型の約92万ドットです。RGBW配列は、RGBの三色にホワイト画素を追加しているので、D810はD610よりも屋外で見やすい液晶モニターになっています。D810のバッテリーはCIPA基準で約1200コマ、D610はCIPA基準で約900コマの撮影枚数です。D810もD610もバッテリーはEN-EL15で共通なので、D810のほうが省電力化して約300枚も撮影枚数が増えています。D610は約15万回のレリーズテストをクリアしていますが、D810は約20万回をクリアーしてシャッターユニットも優れています。

D810のここにも書いていない続きの機能とレビューは、D810のレビューと比較に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事