D750とD610の違いと比較

D750とD610

ニコンのD750D610の主な違いと比較を書いています。D750とD610はどちらも35mmフルサイズセンサー機で画素数もほぼ同じで、重さはD750が本体のみで約750gで、D610が本体のみで約760gです。D750のほうが軽くなっていますが、D750のほうがD610よりも機能が強化されている面が多くあります。D750とD610には価格差があるので、安いD610のほうを買ってからレンズ代に回したいという理由でもなければ、D750を購入したほうがいいと思います。以下に続きます。


スポンサーリンク


D750とD610の違いの中でも、画像処理エンジンが違います。D750はEXPEED 4ですが、D610は一世代前のEXPEED 3です。この画像処理エンジンの差は、特に高感度ノイズで出ています。D750はISO100からISO12800までですが、D610はISO100からISO6400までです。1段の差があるので、高感度撮影をよくする場合にはD750がいいです。拡張感度を使えば、D750はISO51200相当まで使えて、D610はISO25600相当までです。減感でISO50相当が使えるのは、D750とD610で共通しています。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。画像処理エンジンのEXPEED 4とEXPEED 3の違いは、特にJPEG撮影で違いが出ます。JPEGで気軽に撮影することが多いのなら、JPEG画質がD610より向上したD750のほうがいいです。D750とD610の大きな違いに、モニターがあります。D750はFXフォーマットとして初の可動式液晶で、チルト式の3.2型の約122.9万ドットで、上に約90度、下に約75度に動かせます。

D610は固定式モニターです。チルト式になって、D750は撮影の自由度が広がっています。AFの捕捉力の違いもあります。D750のAFの測距点数は51点で、中央部15点にはクロスセンサーがあります。D610のAFの測距点数は39点で、クロスセンサーは9点です。それに加えて、D750にはグループエリアAFがあります。グループエリアAFは、動体撮影に使える5点で捕捉する機能です。動体撮影をする機会が多い場合にも、D610よりもD750のほうが適しています。

AFの検出輝度範囲も、かなり違います。D610のAFの検出範囲は-1~+19EVでしたが、D750のAFの検出輝度範囲は、-3~+19EVです。マイナス側に2も余裕があるD750のほうが、暗所撮影でD610よりも被写体の食い付きが優れています。D750もD610もクロップの機能があるのは同じですが、D750には×1.2クロップがありますが、D610にはありません。D750にはFXフォーマットで初のWi-Fiもあります。Wi-Fiが内臓していることで、スマホとD750との相性もD610よりも明らかに違います。

D750とD610は、バッテリーは同じN-EL15です。バッテリーの持ちは、D750がCIPA基準で約1230コマの撮影枚数で、D610はCIPA基準で約900コマなので、約330枚も違います。330枚も違えば、バッテリーの持ちがいいコンデジ一台分くらいの違いがあります。D750には有機EL表示のファインダーがあるので、ファインダーの見え方の違いもあります。他にも、D750には、FXフォーマットでは初のモノコック構造があります。

D750の背面カバーと上面カバーのマグネシウム合金、前ボディーとボディー前面のカバーには炭素繊維複合素材があるので、これもD610との違いです。D750とD610はどちらもフルHDの1920×1080での動画撮影はできますが、D750はフルHDでの60pで撮れますが、D610はフルHDの30pまでしか撮れない違いもあります。D610も優れた一眼レフ機ですが、D750のほうがさらに優れいてる面が多くあります。D750とD610の価格差が気にならない範囲であれば、D750を購入したほうがいざという時の撮影でD610よりも頼りになる機種になっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事