D500とD810の違いと比較

D500とD810

D500D810の主な違いと比較を書いています。D500とD750の違いにも書きましたが、D500はDX機のフラグシップ機ですが、D810はFX機のフラグシップ機ではありません。ここから、両機種に違いが出ています。ボタンイルミネーションがあるのは、ニコンのフラグシップ機として君臨している証でもあります。D500にはDX機として初のボタンイルミネーションがありますが、D810にはありません。DXとFXでは、DXのほうが下位機種ということではないです。以下に続きます。


スポンサーリンク


特に、ポートレートで背景をボカした撮影ではD810のほうが優れていますが、連写撮影ではD500です。APS-Cセンサー機は焦点距離換算が伸びるだけではなく、AFの測距点も焦点距離が長いほど35mmフルサイズ機のように制限されることもなく使えます。さらに、テレコンを使った場合にも、AFの性能がフルサイズ機よりも有利に使えます。ただし、D500とD750との比較で書いたこととは違って、D810は35mmフルサイズ機でありながら、連写機としても使えます。

D810はDXクロップ時の1536万画素では、バッテリーグリップ装着で約7コマ/秒のAF追従連写ができます。D810は有効画素数が3635万画素あるので、DXクロップ時でも画素数を維持できている強みがあります。D500はAF追従で約10コマ/秒で、2066万画素で記録できます。約10コマと約7コマで、どちらもAF追従連写ができるので、D500とD810もどちらも秒間コマ数に優れている機種です。違いがあるのは、連続撮影枚数です。

D500は14ビットのロスレス圧縮RAWでも200枚の連続撮影枚数ですが、D810は97枚です。D810の画像処理エンジンはEXPEED 4で、D500はEXPEED 5です。D810のファインダーの倍率は約0.7倍でD500は約1.0倍ですが、35mmフルサイズとAPS-Cの違いで、実質のファインダーはD810のほうが倍率が高いです。D810の視度調節の範囲は-3から+1で、D500の視度調節の範囲は-2~+1です。視度調整のことは、ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いています。

D500とD810には、ISO感度の志向の違いもあります。D500は高感度域にISO感度域を伸ばして、D810は低感度域にISO感度域を伸ばしています。これには、撮影対象の違いがあります。D500は動体撮影で被写体を止めるシャッタースピードが必要な上に、テレコンで開放F値が暗くなってもシャッタースピードを確保する必要性から高感度域にISO感度を振り、D810はその解像度で風景撮影などの静止画を撮ることから低感度域にISO感度を振っています。

D500は静止画での常用感度域がISO100からISO51200まで使えて、拡張感度でISO50相当までの減感と、ISO164万相当までの増感ができます。D810は、静止画のISO感度は常用感度はISO64からISO12800で、減感と増感でISO32からISO51200相当まで使えます。D810は常用感度でISO64が基準感度なので、ISO64で広大な風景撮影をするのに向いています。D500は拡張感度も含めるとISO164万相当まで使えますが、ISO164万相当の画質は相当に悪いです。

D500は被写体が写っていることに重点を置いています。D810は動画でISO100からISO51200まで、ISO164万相当までの拡張感度も使えますが、D810は動画のISO感度はISO64からISO12800までが常用感度で、ISO51200相当までの増感が使えます。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、違いを書いています。D500の液晶モニターはチルト式の3.2型のタッチパネルで、約236万ドットで上に約90度、下に約75度に動かせます。

D810はは約122.9万ドットの3.2型の固定式で、タッチパネルは使えません。AFの測距点にも違いがあります。D500は153点ありますが、D810は51点です。D500はD5と同じでAFの専用エンジンがあって、動体でのAFの捕捉性能でD810よりも上回っています。動画はD500は4K動画が撮れますが、D810はフルHD動画までしか撮れません。D500はXQDカードとSDカード系が使えるダブルスロットでUHS-II規格に対応で、D810はSDカードとCFのダブルスロットでUHS-I規格に対応です。

D810にはフラッシュが内臓でガイドナンバーは約12ですが、D500は内臓していません。D500にはWi-Fiがありますが、D810にはありません。D500は本体のみで約760gで、D810は本体のみで約880gです。D500はモノコック構造で軽くなっています。D500はバッテリーのCIPA(カメラ映像機器工業会)基準で約1240枚の撮影枚数で、D810は約1200枚です。CIPA基準ではフラッシュを50%発光して計測するので、フラッシュを使うとD500の撮影枚数が減ります。フルサイズはAPS-Cより画角でボケ味表現の空間が作れるに、ボケ味表現の違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事