5Ds RとD750の違いと比較

5Ds RとD750

EOS 5Ds RD750の主な違いと比較を書いています。5Ds Rの総画素数は約5300万画素で、D750の総画素数は2493万画素です。5Ds RとD750のどちらにもローパスフィルターはありますが、5Ds Rにはローパスフィルターの効果をキャンセルする機能があります。ローパスフィルターがあるのはモアレや偽色を防ぐためですが、完全になくすとその偽色やモアレで問題が出てくるので、5Ds Rではローパスフィルター自体は残しています。5Ds RはD750よりも画素数が1000万画素以上も多いです。以下に続きます。


スポンサーリンク


それに、ローパスフィルターキャンセルでの解像感の重視もあります。5Ds RとD750はどちらも35mmフルサイズ機でD750でも約2500万画素あるので、広大な風景撮影はD750での撮影にも向いていますが、5Ds Rはさらに画素数が多く解像感もあるので、風景撮影により緻密さを求めるなら5Ds Rでの撮影のほうが適しています。5Ds Rの画像処理エンジンはデュアルDIGIC 6で、D750はEXPEED 4です。D750には1.2倍と1.5倍になるクロップがあって、5Ds Rには1.3倍と1.6倍になるクロップ機能があります。

D750は1.5倍にすると約1030万画素ですが、5Ds Rは1.6倍でも約1960万画素あります。画素数が多い5Ds Rのほうがクロップに余裕があるので、後で撮影した写真を自分でクロップする時にも、画素数の余裕でかなり被写体に近付いて切り取ることもできます。5Ds Rのファインダー倍率は約0.71倍で、D750は約0.7倍です。5Ds Rにはミラーショックを抑えるミラーバランサーがありますが、D750にはありません。D750の液晶モニターは、チルト式になっています。

5Ds Rのモニターは3.2型の約104万ドットで、D750は3.2型で約122.9万ドットです。5Ds RのISO感度はISO100からISO6400で、D750はISO100からISO12800です。拡張感度を使えば、5Ds RはISO50相当とISO12800相当まで使えて、D750の拡張感度はISO50相当とISO51200相当まで使えます。同じ35mmフルサイズ機ですが、5Ds RよりD750のほうが画素数が少ないので、1画素当たりの受光面積にも余裕ができて高感度ノイズの面で5Ds Rより優れています。

高感度撮影をする機会が多いのなら、D750にしたほうがいいと思います。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。5Ds Rのシャッタースピードの上限は1/8000秒ですが、D750は1/4000秒です。5Ds Rの連写の秒間コマ数は最高で約5.0コマ/秒で、D750は約6.5コマ/秒です。5Ds Rの連続撮影枚数はUDMAモード7の対応CFカードではJPEGで約510枚ですが、D750の連続撮影枚数は最大で100枚です。

どちらの機種も、記録メディアはダブルスロットですが、5Ds RはSDカードとCFカードが使えて、D750はCFは使えません。5Ds RのAFの測距点は61点でクロス測距点は41点、D750の測距点は51点でクロス測距は15点です。露出制御の測光方式は5Ds Rは約15万画素のセンサーですが、D750は約9万1000画素のセンサーです。5Ds RとD750はフルHDの1920×1080で撮影できますが、5Ds Rのフレームレートは約30pでD750のほうは60pで撮影できます。

5Ds Rはスポット測光とAFが連動しませんが、D750では連動して使えます。AFの検出輝度範囲は、5Ds Rは-2から18で、D750は-3から19です。D750のほうが暗所でも明るい場所でも、5Ds RよりAFの食い付きがよく使えます。5Ds Rには内臓フラッシュはありませんが、D750にはあります。D750では、Wi-Fiが使えます。D750の撮影枚数は、CIPA基準で約1230枚ですが、5Ds Rは常温でも約700枚です。本体のみの重さは、5Ds Rが約845gで、D750は約750gです。D750は炭素繊維の複合素材を使ったモノコック構造のボディになっているので、ボディが5Ds Rより軽くなって持ち歩きやすくなっています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事