X100FとX100Tの違いと比較

X100FとX100T

X100FとX100Tの主な違いと比較を書いています。X100Fの有効画素数は約2430万画素で、APS-CサイズのX-Trans CMOS IIIセンサーです。

X100Tの有効画素数は1630万画素で、X-Trans CMOS IIです。X100Fの画像処理エンジンはX-Processor Proで、X100TはEXR Processor IIです。以下に続きます。


スポンサーリンク


X100FとX100Tでは、X100Fのほうが画素数が増えているのに、常用感度域が広がっています。X100Fの常用感度はISO200からISO12800で、X100TはISO200からISO6400でした。

拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。連写性能にも違いがあります。X100FはAF追従で約8コマ/秒で、X100TはAF追従で5.8コマ/秒でした。

AFの測距点数は、X100Fは91点で、X100Tは49点でした。X100Fの露出補正の補正幅は±5段で、X100Tは±3段でした。X100Fには、X100Tにはないフォーカスレバーがあります。

バッテリーは、X100FはNP-W126Sで、CIPA基準で、OVFで約390枚の撮影枚数ですが、X100TはOVFで約700枚でした。

X100Fの本体のみの重さは約419gで、X100Tの本体のみの重さは約400gでした。

X100FとX100Tでは、X100Fのほうが連写性能も優れて、高感度域も広がって、AFの測距点や使いやすさも向上しています。

X100Tに満足していたらX100Fでさらに満足して使えますが、バッテリーの持ちだけが心配になってきます。

機能面では、X100FのほうがX100Tよりも複数面で優れているので、後継機としてさらに使いやすくなっています。

X100FとX100Tのことを書いてきましたが、それぞれの機種のことは、X100FX100Tに書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事