G1 X Mark IIのテレマクロ

G1 X Mark IIのテレマクロ

キヤノンのPowerShot G1 X Mark IIは、1.5型の18.7mm×14mmの撮像素子です。レンズ一体型には、リコーのGRのようにAPS-Cサイズのセンサーもありますが、ほとんどのレンズ一体型はセンサーが大きくても2/3型です。よくあるレンズ一体型の機種は、1/2.3型で豆粒センサーと言われることもあるくらいに小さいです。以下に続きます。


スポンサーリンク


通常のレンズ一体型の機種から見れば、マイクロフォーサーズでも相当に大きなセンサーです。そのマイクロフォーサーズのセンサーは、17.3×13mmです。G1 X Mark IIの1.5型のセンサーは、マイクロフォーサーズよりも大きいのです。マイクロフォーサーズは、レンズ交換式の機種です。

レンズ交換式の機種であっても、レンズ一体型よりもセンサーが小さいこともあるのは、G1 X Mark IIでも見て取れます。背景のボケ量は、センサーの大きさが最も関係があります。G1 X Mark IIは、マイクロフォーサーズよりも、さらにボケます。マイクロフォーサーズの機種でも、背景のボケを生かしたポートレート撮影もできます。

G1 X Mark IIは、そのマイクロフォーサーズよりも、さらにボケを生かした撮影ができるのです。さらに、G1 X Mark IIはレンズ込みでの本体の重さが、マイクロフォーサーズ機よりも持ち回りがしやすいのも魅力です。G1 X Mark IIは、レンズの明るさの開放F値は、広角端でF2.0で、望遠端でF3.9です。24mmから120mm相当で、実質の焦点距離は12.5mmから62.5mmです。

1.5型のセンサーで、広角端でも実質12.5mmなので、広角端の12.5mmのF2.0でも背景をボカすことはできます。ワイドマクロで問題なのは、ボケ量が少ないことと、それに、ワイドマクロは被写体の形が歪んでしまう欠点があります。G1 X Mark IIは、望遠端で実質62.5mmでF3.9の明るさで、レンズの先端から被写体に40cmまで寄れるテレマクロ性能があります。

レンズ一体型のマクロがレンズの先端からであるのは、コンデジのマクロとデジタル一眼レフとミラーレスの最短撮影距離の違いに書いています。

62.5mmでF3.9の開放F値で被写体に40cmまで寄れるのは、他のレンズ一体型の機種と比較すると、その性能が分かります。レンズ一体型の機種は、センサーが小さくても、望遠端で寄れない機種が多いです。62.5mmでF3.9のテレマクロは、レンズ一体型でレンズ交換の煩わしさもなく、背景のボケを生かしたい場合に、G1 X Mark IIは使える機種になっています。

PowerShot G1 X Mark IIのレビューと比較に、G1 X Mark IIの記事を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事