RX100M3とRX100M2の違いと比較

DSC-RX100M3(RX100 III)とDSC-RX100M2(RX100 II)

ソニーのサイバーショットDSC-RX100M3(RX100 III)と、DSC-RX100M2(RX100 II)の違いと比較について書いています。後継機のRX100M3は前機種のRX100M2より、さらに機能の改善と追加がされています。前機種のRX100M2のレンズは28mmから100mm相当で、実質の焦点距離は10.4mmから37.1mmで、レンズの明るさの開放F値は広角端でF1.8で望遠端でF4.9でした。以下に続きます。


スポンサーリンク


後継機のRX100M3になって、レンズは24mmから70mm相当で、実質の焦点距離は8.8mmから25.7mmで、開放F値は広角端でF1.8で望遠端でF2.8です。RX100M3は、このレンズだけでもRX100M2よりも魅力的な機種になっています。RX100M3は、広角側が28mmから24mmになっています。広角と望遠の大きな違いは、望遠には代替的な機能があっても、広角には代替的な機能がないことです。

望遠側の不足は撮影した後でもトリミングで対応できて、クロップできる機種もあります。広角側の不足は、物理的に画角が存在しないで被写体が写りこんでいないので、望遠側の不足のように補う機能がありません。RX100M3は広角側に4mm伸びて24mmになっているので、24mmの画角の機種がいいのなら、RX100M2よりRX100M3しかありません。

RX100M3には、シャッタースピードを1/8秒まで遅くできるNDフィルターを内臓しています。RX100M3は70mm相当の望遠端で、レンズの先端から被写体に約30cmまで寄れますが、RX100Mは100mm相当で約55cmまでしか寄れません。RX100M3は1インチ型で、70mm相当でF2.8で約30cmまで寄れるので、背景もぼかせます。

RX100M3は動画時の全画素超解像ズームができますが、RX100M2ではできません。RX100M3は液晶がチルト式の可動で上に180度傾けて自分撮りもできますが、RX100M2は上方向に約84度でRX100M3のように自分撮りはできません。RX100M3には0.39型で144万ドットで、ファインダー倍率は35mm判換算で約0.59倍のEVFがありますが、RX100M2にはEVFはありません。

EVFがあると晴天時でもしっかり確認して撮影できます。EVF機がいいのなら、RX100M2よりRX100M3を選択するしかないです。RX100M3では静止画のISO感度にISO125がありますが、RX100M2はISO160からしか使えません。RX100M3の動画撮影時のISO感度はISO125からISO12800までですが、RX100M2の動画ではISO160からISO3200までしか使えません。

RX100M3にはホワイトバランス微調整機能がありますが、RX100M2にはありません。RX100M3では、クリエイティブスタイルが増えています。RX100M3には4K/HDフォーマットのXAVCを民生用にしたXAVC Sがありますが、RX100M2にはありません。RX100M3とRX100M2ではバッテリーは同じですが、RX100M2ではCIPA基準で約350枚の撮影枚数でしたが、RX100M3では約320枚で30枚少なくなっています。

RX100M3は本体のみで約263グラムで、RX100M2は本体のみで約254グラムでした。RX100M3はRX100M2よりボディの厚みが約2.7mm増しています。RX100M3がRX100M2より劣っているのはバッテリーの撮影枚数と、わずかに厚みが増したことくらいでです。ここに書いていないRX100M3のことは、 Sony DSC-RX100M3のレビューと比較の記事に、もっと詳しく書いています。RX100M3のテレマクロに、テレマクロのことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事