Sony DSC-WX500 レビュー 比較と評価

サイバーショット DSC-WX500

ソニーのサイバーショットのDSC-WX500は、2014年3月7日に発売されたWX350の後継機です。WX500の総画素数は約2110万画素で、有効画素数は約1820万画素です。センサーは1/2.3型の裏面照射型CMOSのExmor Rで、画像処理エンジンはBIONZ Xです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが減少したCMOSになっています。焦点距離は24mmから720mm相当で、実質の焦点距離は4.1mmから123mmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


全画素超解像ズームを使えば、広角端の24mm相当から60倍になる1440mm相当までのズームができます。マクロ性能は、レンズの先端から被写体まで広角端で約5cmまで寄れます。手ブレ補正は静止画では光学式で、動画では、電子式との併用の5軸手ブレ補正のインテリジェントアクティブモードが使えます。WX500には、EVFのファインダーはありません。液晶モニターは3.0型のアスペクト比は4:3で、92万1600ドットです。

上に約180度に動かせるので、自分撮りが楽にできます。WX500では、液晶モニターで電子水準器は使えません。ISO感度は、静止画ではISO80からISO3200まで使えて、重ね合わせ連写を使ってISO6400とISO12800が使えます。動画では、ISO80からISO3200相当まで使えます。撮影の露出モードでは、絞り優先とシャッタースピード優先も使えて、マニュアル露出まで使えるので、オート機ではありません。シャッタースピードの上限は、1/2000秒です。

記録メディアは、SDカード、microSDカード、メモリースティックの3種類が使えます。連写性能は、メカニカルシャッターで18Mの記録画素数で10コマ/秒です。AFにはファストインテリジェントAFがあって、空間被写体検出でコントラストAFの速度が上がっています。ソニーの空間被写体検出AFはパナソニックの空間認識AFと類似したもので、コントラストAFの速度が向上する機能です。ロックオンAFを使えば、動く被写体にピント面を合わせ続けることもできます。

露出補正の補正幅は±3.0EVで、1/3EVステップで補正できます。動画は、XAVC S(TM)でフレームレートが60p、50Mのビットレートで1920x1080で撮影できます。動画のファイルにはXAVC S、AVCHD、MP4があって、動画の音声はXAVC SがLPCM 2ch、AVCHDがAC-3 2ch、MP4がMPEG-4 AAC-LC 2chです。WX500はJPEGのみでの撮影で、RAWでの記録はできません。色空間はsRGBのみです。内臓フラッシュはあります。

Wi-Fiと近距離無線通信のNFCが使えて、Eye-Fiにも対応しています。バッテリーはNP-BX1で、静止画でCIPA基準で約400枚で、実動画撮影時間は約75分です。マイクロUSBで充電できるので、モバイルバッテリーからも充電することもできます。WX500の本体のみの重さは、約209gです。WX500のボディの色には、ブラック、レッド、ホワイトの3色があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事