α7R IVのレビューと比較

α7R IV

α7R IVは、2017年11月25日に発売されたα7R IIIの後継機です。

α7R IVは35mmフルサイズのミラーレス一眼で、総画素数が約6250万画素になっています。解像度が向上しているので、特に広大な風景の撮影に向いていますが、画素ピッチが狭くなっています。画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に、画素ピッチのことを書いています。

撮像素子は裏面照射型CMOSで、ローパスフィルターレスです。裏面照射型は、それまでの表面照射型より高感度時のノイズが減少しています。AF性能は、像面位相差AFと、コントラストAFの両方が使えるファストハイブリッドAFです。以下に続きます。


スポンサーリンク


コントラストAFと位相差AFと像面位相差AFの違いに、AF方式の違いを書いています。位相差AFは567点で、コントラストAFは425点です。α7R IVの像面位相差AFは、F11でも動作します。画面の全体でAFを動作させるには、AFCのクロップをすると、像面位相差AFが画面全体をほぼ占めるようになります。

画像処理エンジンは、BIONZ Xです。検出輝度範囲は、ISO100相当のF2.0で、EV-3から20です。瞳AFが使えて、リアルタイム瞳AFも使えます。リアルタイム瞳AFは人物にも使えますが、動物にも使えます。動画でもリアルタイム瞳AFが使えますが、動画では動物には使えません。露出制御の測光方式は、 1200分割です。露出補正の補正幅は±5.0EVで、1/3EV、1/2EVステップで調整できます。ダイヤルでは、±3EVで1/3EVステップです。

SDカードのダブルスロットですが、α7R IVになって、メモリースティックは非対応なので使えません。ISO感度は、ISO100からISO32000まで設定できて、拡張感度に、ISO50、ISO102400があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

ファインダーは0.5型の576万ドットで、倍率は約0.78倍です。視度調整の範囲は、-4.0から+3.0です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。アイポイントは、接眼枠から約18.5mmです。

ファインダーのフレームレートは、60fpsと、120fpsがあります。モニターは3.0型で、144万ドットです。モニターは、上に約107度、下に約41度に動かせます。連写性能は、AFとAE追従で約10コマ/秒です。

手ブレ補正を使ってセンサーを動かして画像を合成するピクセルシフトマルチ撮影で、2億4080万画素の生成ができます。合成はα7R IVのカメラ本体ではできないので、パソコンが必要です。ピント面の輪郭を色で強調できるピーキング機能があります。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。

手ブレ補正はイメージセンサーシフト式の5軸補正で、補正効果はCIPA基準で5.5段です。シャッタースピードの上限は、1/8000秒です。フラッシュ同調速度は1/250秒です。4K動画の記録は、画素加算がない全画素の読み出しに対応しています。通信機能は、Wi-Fiと、NFCがあります。マイクはステレオで、スピーカーは モノラルです。

撮影枚数は、バッテリーのNP-FZ100で、CIPA基準で、ファインダーで約530枚、液晶モニターで約670枚です。ソニーの一眼はバッテリーの持ちがいいですが、α7R IVはモニターで約670枚も持ちます。一眼レフのほうがバッテリーの持ちがいいと言われるのは、光学ファインダーで撮影する場合です。一眼レフでモニターで撮影すると、α7R IVの1/3も持たないことも珍しくありません。

α7R IVのモニター撮影でのバッテリーの持ちを考えると、一眼レフのほうがバッテリーの持ちがいいから選択してきたその長所もなくなっています。マイクロUSBとType-C端子からの給電もできます。ボディにはマグネシウム合金があって、防塵防滴に配慮した構造になっています。

シャッターユニットの耐久性は、50万回です。フリッカーレスの機能もあります。本体の重さは約580gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。スマホとコンデジの画質と決定的な違いに、スマホとコンデジのことを書いています。

単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事