α5100とα6000の違いと比較

α5100とα6000

ソニーのα5100と、α6000の主な違いと比較を書いています。総画素数は、どちらの機種も約2470万画素で同じです。どちらの機種の撮像素子もAPS-Cサイズ相当の23.5 x 15.6mmで、画像処理エンジンがBIONZ X(ビオンズ エックス)であるのも同じです。α5100とα6000の大きな違いは、EVFの有無です。以下に続きます。


スポンサーリンク


α5100にはEVFがありませんが、α6000にはEVFがあります。α6000は0.39型で144万ドット、ファインダー倍率が約1.07倍のEVFがあります。α6000のEVFは、35mm判換算で約0.70倍なので、35mmフルサイズの一眼レフの上位機並みの倍率です。EVFは、特に屋外の晴天時の撮影では被写体が見やすく撮影できます。

α5100には液晶モニターしかないので、晴天時の撮影でもモニターを使うしかないです。液晶モニターは、特に日差しが強い時には日差しがモニターに反射して見にくくなりますが、EVFでは被写体が綺麗に見えます。液晶モニターは3.0型で約92万ドットなのはどちらの機種も同じですが、α5100はタッチパネル式でα6000はタッチパネルに非対応です。

それに、α5100の液晶モニターは上に約180度に動かせて自分撮りもできますが、α6000の液晶モニターは上に約90度、下に約45度までしか動かせないので、α5100のような自分撮りはできません。α5100はEVFがない代わりに、液晶モニター使用での自由度がα6000よりも勝っています。

ISO感度は、どちらの機種も静止画でISO100からISO25600、動画でISO100からISO12800相当であるのは同じです。違いは、α6000にはα5100にはないマルチショットノイズリダクションがあります。α6000は、マルチショットノイズリダクションでISO51200が使えます。マルチショットNRは、連写の合成でノイズを減らす機能です。

シャッタースピードの上限の1/4000秒、フラッシュの同調速度の1/160秒は、どちらの機種も同じです。どちらの機種も、記録メディアはメモリースティックとSDカードです。α5100とα6000の大きな違いにEVFの有無を上げましたが、連写性能にも大きな違いがあります。α5100の秒間コマ数は、AF追従で最高で約6コマ/秒まで連写できます。

α6000の秒間コマ数は、AF追従で最高で約11コマ/秒です。α6000はα5100よりも、AF追従連写でも2倍くらいの性能があるので、連写性能を重視するなら、α5100よりもα6000です。露出補正の補正幅は、α5100は静止画で±3.0EVですが、α6000はの補正幅は±5.0EVです。±5段は、最上位機並みの補正幅です。

露出補正の補正幅にも、α6000のほうが上位機である性能があらわれています。動画機能は、α5100にはXAVC Sフォーマットがあります。AFの検出輝度範囲は、α5100はEV-1-20で、α6000はEV0-20です。α5100のほうが暗所でのAFに強いです。α5100にはガイドナンバーが4の内臓フラッシュがありますが、α6000はガイドナンバーが6の内臓フラッシュです。

α6000には、α5100にはないマルチインターフェースシューがあるので、別売フラッシュの装着もできます。バッテリーはNP-FW50でどちらも同じですが、α5100はCIPA基準で液晶モニターで約400枚の撮影枚数で、α6000は液晶モニターで約360枚です。本体のみの重さは、α5100が約224gで、α6000は約285gです。

α5100のレビューと比較α6000のレビューと比較に、それぞれの機種を書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事


ページの先頭へ