電子先幕シャッターのメリットとデメリット

電子先幕シャッター

電子先幕シャッターのメリットとデメリットを書いています。

撮像素子の前面に物理的な先幕(さきまく)と後幕(あとまく)があるのが、メカニカルシャッターのフォーカルプレーンシャッターです。その機械式シャッターの先幕を電子式にしたのが電子先幕シャッターです。

なぜ、メカシャッターから電子先幕シャッターにするのかは、メカの先幕があることによるデメリットがあるからです。メカ先幕があることで機構ブレが生じるので、高画素化した機種では画素ピッチが狭くなって機構ブレの影響を受けやすく、画質が低下します。

これでは、何のために高画素化したのか分からなくなるので、機構ブレを防ぐために電子先幕シャッターにしています。以下に続きます。


スポンサーリンク


電子先幕シャッターは先幕が電子式で後幕がメカ式なので、シャッタースピードが高速になるほど不安定な露光ムラが出る問題があります。

この露光ムラの問題があっても、高画素化することによる機構ブレの画質低下の問題を改善しないといけないので、電子先幕シャッターがあります。

シャッタースピードが高速になる前に、電子先幕シャッターからメカシャッターに切り替わるのなら露光ムラの問題は改善されます。

レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、メカシャッターのフォーカルプレーンシャッターのことを書いています。電子先幕シャッターは、メカシャッターよりはレリーズタイムラグが短く撮影できます。

電子先幕シャッターのさらなるデメリットは、大口径レンズでの高速シャッタースピード撮影時に被写体のボケ像が欠けて写ることがあります。さらには、電子先幕シャッターは、レンズによっては適正露出にならないこともあります。

グローバルシャッターとローリングシャッターの違いとはに書いていますが、電子先幕シャッターは、電子シャッターがさらに改善されたグローバルシャッターから見れば、過渡的なシャッター機能です。

グローバルシャッターまでのつなぎが電子先幕シャッターで、露光ムラなどの欠点がある電子先幕シャッターは、使わないで済むなら使わないに越したことはないです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事