Nikon 1 J5 レビュー 比較と評価

ニコン 1 J5

ニコンのNikon 1 J5は、2014年4月24日に発売されたNikon 1 J4の後継に当たる機種です。Nikon 1 J5の有効画素数は2081万画素で、撮像素子は13.2mm×8.8mmの1インチの裏面照射型のCMOSです。裏面照射型は、従来の表面照射型よりも高感度時のノイズが改善したセンサーです。光学ローパスフィルターレスで、画像処理エンジンはEXPEED 5Aです。液晶モニターは3型のチルト式のタッチパネルで、約104万ドットです。モニターは上向きに約180度、下向きに約86度で、180度で自分の側にモニターが向くと自分撮りモードで撮影できます。以下に続きます。


スポンサーリンク


ISO感度はISO160からISO12800まで使えて、1段ステップで設定できます。シャッタースピードの上限は1/16000秒で、X接点は1/60秒以下のシャッタースピードで同調します。記録メディアは、microSDカードです。連写の秒間コマ数は、AF追従で約20コマ/秒の連写ができます。この20コマ/秒のAF追従の連写性能は飛び抜けて性能がいいので、秒間コマ数を特に重視するならNikon 1 J5は購入の選択肢に十分入ります。1枚目にAF固定なら、約60コマ/秒でRAW撮影でも可能です。

AF性能は、Nikon 1 J5は位相差AFとコントラストAFの両方が使えるアドバンストハイブリットAFです。位相差AFはAF速度に優れて、コントラストAFは精度に優れています。AFの測距点数は171点のコントラストAFと、中央の105点の位相差AFが使えます。露出補正の補正幅は±3段で、1/3ステップで設定できます。動画性能はフルHDの1920×1080の60pで10分まで撮影できて、4K動画の15pでも撮影できます。動画撮影中の静止画撮影もできます。

タイムプラス動画、インターバル動画もできて、無料でダウンロードできるViewNX-iを使って4K動画から静止画を切り出せます。動画撮影でも、明暗差を抑えた撮影ができるアクティブD-ライティングが使えます。動画のファイル形式はMOV、動画の映像はH.264/MPEG-4 AVC、動画の音声はPCMです。内臓ステレオマイクが使えます。ISO6400とISO12800で高速連写合成のノイズリダクションが使えて、動いている被写体部分は合成しないので被写体ブレが抑えられています。

Nikon 1 J5の他の機能にも、メイクアップ効果で8つの効果の設定、シャッターボタンを押したらその瞬間の前後の20枚を先取り撮影できる機能もあります。クリエイティブモードに、美肌効果、ノスタルジックセピア、クロススクリーン、ポップ、レトロ、硬調モノクローム、魚眼効果が新たに追加しています。ライブコントロールができて、クリエイティブリングで明るさを変えるなどの調整ができてアドバンスト動画、ベストモーメントキャプチャー、モーションスナップにも対応しています。

Nikon 1 J5は光学式手ブレ補正は内臓ではなく、レンズ式です。動画には電子手ブレ補正があるので、レンズの光学式と電子式の併用ができます。Nikon1 J5はスポット測光に露出が連動して撮影できます。内臓フラッシュのガイドナンバーは、ISO160の時に約6.3です。氷点下では、動作環境外です。Wi-Fiも内臓式で使えて、スマホでリモート撮影もできます。NFCの短距離無線通信にも対応しています。バッテリーのEN-EL24で、CIPA基準で約250枚の撮影ができて、動画はフルHDの30pで約60分の撮影ができます。

Nikon 1 J5の本体のみの重さは、約231gです。Nikon 1 J5には1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMが付属のNikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット、標準パワーズームレンズキットに1 NIKKOR 18.5mm f/1.8が付属のダブルレンズキット、1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6が付属のダブルズームレンズキットがあります。ボディの色は、シルバーとブラックがあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事