ニコン D7100 レビュー 比較と評価

ニコン D7100

前の01のD7100のクロップとファインダーの51点AFの広がりの記事からの続きです。

ニコンのD7100は型番上はD7000の後継機に見えますが、実際には後継機ではありません。そのD7100は、前の記事のクロップモード以外にも大きな魅力があります。D7000からD7100まで期間が空いているので、ニコンはその間の機能の進化を惜しみなくD7100に投入しています。その中でも、AF性能がニコンの最上位機のD4並にまでなりました。51点のフォーカスポイントもそうですが、AFの検出の範囲が広がっています。D7000では-1~+19 EVだったAFの検出範囲が-2~+19 EVになりました。-2 EVはかなり暗いですが、その状況でもAFで撮影ができるのがD7100です。この-2~+19 EVのAFの検出範囲はD4と同じです。さらには、キヤノンの最上位機のEOS-1D Xは-2EVから18EVなので、EOS-1D Xより優秀なAF性能がD7100です。実際に、D7100のAFの補足能力は、かなり高いです。以下に続きます。


スポンサーリンク


前の記事のD7100のクロップモードで書きましたが、クロップモードで使うとAFの補足力がかなり上がります。そのクロップモードとAF性能の高さを見れば、D7100は35mmフルサイズにする必要がなければ、もう十分な機能を持っています。35mmフルサイズであることを除けば、D4と変わらない機能があるのです。D7100のAF性能で不満が出るなら、それはニコンの最上位機のD4を使っても不満が出ることなので、それより上はありません。

D7100を使う時に、APS-Cサイズは35mmフルサイズに劣るかということも考えると思います。APS-Cサイズは35mmフルサイズより焦点距離が稼げて望遠側の画角に強く、前の記事のクロップモードでも書きましたが、クロップモードではAF精度がさらに高まる利点もあります。望遠での動体撮影をよくするなら、35mmフルサイズではなく、D7100を使ったほうが満足できる写真も撮れると思います。

D7100とD7000との違いは、他にも、ローパスフィルターレス、画像エンジンがEXPEED 2からEXPEED 3に、総画素数が2471万画素、SDHCメモリーカードとSDXCメモリーカードのUHS-I規格に対応、ファインダー下の情報表示が有機EL表示、動画の記録時間が約20分から29分59秒に伸びている、内蔵モノラルマイクから内臓ステレオマイクなどの違いあります。D7000は3型液晶で約92万ドットでしたが、D7100になって3.2型液晶の約122.9万ドットにホワイト画素を加えたRGBWになったので、液晶画面がさらに見やすくなりました。この液晶モニターも、D7100もD4も同じです。

D7000の本体が約690グラムからD7100の約675グラムになったので、機能が進化・改善しても重量が軽くなっています。D7000よりも性能が落ちたのが、D7000は約1050枚の撮影枚数だったのが、D7100で約950枚になりました。バッテリーはEN-EL15なので、D7100もD7000も同じです。D7000は視度調節範囲が-3~+1m-1だったのが、D7100になって-2~+1m-1になっているので、視度調整の範囲が狭くなっています。眼鏡利用者でD7000では裸眼でも使えたという人でも、D7100では裸眼で使えなくなることがあるので、このことは実際にD7100のファインダーの視度調整で確かめたほうがいいと思います。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

D7100には、AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRが付属のD7100 18-300 VR スーパーズームキットがあります。ニコン D7200のレビューに、後継機のことを書いています。D7200とD7100の違いも書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事