ニコン COOLPIX A10 レビュー 比較と評価

COOLPIX A10

ニコンのCOOLPIX A10の有効画素数は1614万画素で、センサーは1/2.3型のCCDです。今のコンデジのセンサーは、裏面照射型CMOSであることが大半です。裏面照射型CMOSは高感度時のノイズが減少したセンサーですが、COOLPIX A10はそれではないので、高感度撮影に向いていない機種です。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズの焦点距離は26mmから130mm相当で、実質の焦点距離は4.6mmから23mmです。26mmから130mmは日常的によく使う焦点距離内なので、COOLPIX A10は日常スナップに使うには合っている焦点距離です。レンズが最も明るい開放F値は、広角端でF3.2、望遠端でF6.5です。

マクロ性能は、レンズ面から被写体まで、広角側で約10cmまで寄れます。光学式の手ブレ補正はありません。動画撮影時には、電子式手ブレ補正のVRが使えます。液晶モニターは2.7型で、約23万ドットです。COOLPIX A10はニコンの最エントリーコンデジなので、モニターも最も劣ったものになっています。

ISO感度はISO80からISO1600まであって、ISO感度の手動設定ができるようになっています。COOLPIX A10が最エントリー機であることを考えると、ISO感度設定ができるのは便利に使えます。COOLPIX A10はオート撮影しかできませんが、ISO感度の設定ができるので、撮影の明暗の状況にも対応することができます。

シャッタースピードは1/2000まで使えて、シーンモードにある打ち上げ花火では4秒も使えます。記録メディアはSDカード系で、内蔵メモリーは約17MBです。連写性能は約1.2コマ/秒で、約6コマの連続撮影ができます。露出補正の補正幅は±2段で、1/3段刻みで補正できます。

レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。動画撮影は1280×720の30pで撮影できます。動画のファイルはAVI、動画の映像はMotion-JPEG、動画の音声はPCMモノラルです。内臓フラッシュはあります。ベストフェイスモードで、美肌で撮影することもできます。

COOLPIX A10は、アルカリ単3形電池の2本で使えることが大きな特徴です。最近のコンデジで単3電池が使える機種はほとんどありません。特に、海外撮影で便利に使えます。アルカリ単3電池の2本で、CIPA基準で、約200枚の撮影ができます。動画撮影では、約1時間25分の間、撮影できます。

COOLPIX A10の重さは、SDカードと電池込みで、約160gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事