ミラーレスと一眼レフの違いと比較

ミラーレスと一眼レフ

ミラーレス一眼と一眼レフの違いを書いています。外観ですぐに分かるのは、ファインダーの違いです。一眼レフは光学ファインダーで、ミラーレス一眼は光学レスファインダーです。ミラーレス一眼は、ミラーがある光学ファインダー機であるレフレックスカメラではないので、ノンレフレックス機とも呼ばれます。以下に続きます。


スポンサーリンク


ミラーがないミラーレス一眼には、電子シャッターを使えば、ミラーショックでの解像度の低下による画質低下がありませんが、ミラーレスでもメカシャッターを使えば、シャッターショックがあります。

関連記事 電子シャッターとメカニカルシャッターの違い

ミラーレスを使っているのにシャッターショックが気になるなら、電子先幕シャッターを使うといいです。

関連記事 電子先幕シャッターのメリットとデメリット

このシャッターショックは、高画素化していくほどに問題になって、画質低下しやすくなります。1億画素以上の機種になると、かなり問題になります。

ミラーレス一眼はバックフォーカスが短くできるので、レンズが小型化できます。レンズの小型化とボディの小型化で、一眼レフ機よりもミラーレス一眼のほうが軽く持ち歩きやすいボディにできます。ミラーがないと、シャッター音も静かにできます。

AF性能に、精度で優れるコントラストAFに、速度で優れる位相差AFがあります。ミラーレス一眼は、コントラストAFで速度は遅いけれど、AF精度に優れています。一眼レフは位相差AFで速度に優れても、AF精度で劣ります。

この折衷型に、コントラストAF機のミラーレス一眼のAF速度向上のために、位相差AFを撮像素子に組み込んだ像面位相差AF機があります。しかし、これでは撮像素子に欠損が生じるので、コントラストAF自体の性能を向上させて速度の向上をしているミラーレス一眼もあります。

しかし、ミラーレス一眼が一眼レフよりも動体撮影に向いていない傾向は続いています。一眼レフの最上位機の連写性能でのAFの動体撮影の素晴らしさに比べれば、ミラーレス一眼は動体撮影で一眼レフに劣ります。動体撮影をする機会が多いのなら、一眼レフがいいです。

ミラーレス一眼はファインダーが光学ファインダーではないので、設定の効果がリアルタイムに反映できる利点があります。露出補正やホワイトバランスの微調整、シーンモードによる色効果などを設定しても、光学ファインダーでは違いが分かりませんが、ミラーレス一眼の電子ビューファインダーなら、設定が変更したことが一目瞭然です。

ミラーレス一眼は、光学ファインダーよりも、写真撮影の失敗を防いでくれる機能があるのです。しかし、光学ファインダーは被写体をその時の見たままで確認できるので、電子面で見るより、写真撮影をする意欲の写欲がかき立てられるという声も大きいです。

その写欲の面では、光学ファインダーはミラーがあることで、シャッター音が心地よく響いて、撮影にリズムが付くこともあります。光学ファインダー機は、電子面でなく、光学ファインダーで直に被写体を見ることに加えて、シャッター音があることで、ポートレート撮影に向いていることもあります。

モデル側から見ても、光学ファインダーの心地よいミラーのシャッター音で、ポーズの切り替えができることもあります。光学ファインダー機は、写真撮影をする道具でありながら、音を奏でる楽器でもあるのです。この楽器の側面は、ミラーレス一眼にはありません。

ミラーレス一眼は電子音で音を出す設定をするもので、光学機器で音を奏でる楽器にもなる一眼レフにはなれないのです。光学ファインダーのミラーがあることが不利にも有利にも働くのです。

ミラーレス一眼は、コントラストAFの精度のよさで、特に被写界深度が浅い撮影をする時に役に立ちます。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に書いていますが、ミラーレス一眼のほうが視度調整の幅が広いので、眼鏡利用者に使いやすい利点もあります。

一眼レフではミラーがあるので、液晶モニターを使う時にはミラーを上げて使います。そのため、一眼レフは動画撮影時にはファインダーが使えません。一眼レフは位相差AFで使うものなので、液晶モニターで使うコントラストAFの性能が低い問題もあります。

ミラーレス一眼はコントラストAFで使う機種なので、一眼レフより液晶モニターでのコントラストAFの速度が速い利点もあります。液晶モニターで撮影する機会が多いのなら、ミラーレス一眼のほうがいいです。

ミラーレス一眼なら、中判センサー機でもサイズと重さを抑えて、一眼レフで問題の高画素でのミラーショックがなく、背景ボケでのコントラストAFでの精度を上げて、ピント面に合わせやすいこともあります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事