FUJIFILM XQ2 レビュー 比較と評価

FUJIFILM XQ2

富士フィルムのFUJIFILM XQ2は、2013年11月23日に発売したXQ1の後継機です。XQ2の総画素数は1450万画素で、有効画素数は1200万画素、撮像素子は2/3型の裏面照射型のX-Trans CMOS IIで、ローパスレスです。画像処理エンジンはEXR Processor IIです。レンズの焦点距離は、25mmから100mm相当で、実質の焦点距離は6.4mmから25.6mmです。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズの明るさの開放F値は、広角端でF1.8、望遠端でF4.9です。レンズの絞りは、広角と望遠でF11まで絞れます。マクロ性能は、レンズの先端から被写体まで、広角側で約3cmまで寄れます。手ブレ補正は光学式のレンズシフト方式です。液晶モニターは3.0型の約92万ドットで、電子水準器も使えます。ISO感度は、ISO100からISO12800まで使えます。

撮影の露出モードには、絞り優先AE、シャッタースピード優先AEの他に、マニュアル露出も使えます。シャッタースピードの上限は1/4000秒です。レンズの開放絞りでは、1/4000秒まで使えません。XQ2では、開放絞りでは1/1000秒で、レンズを絞った小絞り側で1/4000秒が使えます。

XQ2はレンズシャッター機なので、そうなっています。レンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターの違いとはに、シャッタースピードの制限のことも書いています。記録メディアはSDカードで、内蔵メモリーが約66MBあります。連写性能は、AF追従で4.7コマ/秒までできます。AFの測距点数は49点まであります。

AF方式には、コントラストAFと、像面位相差AFがあります。コントラストAFは精度に優れて、位相差AFは速度に優れます。XQ2は、撮像素子に位相差AFを組み込んだ像面位相差AFにして、位相差AFとコントラストAFの両方を使えるようにしている機種になっています。XQ2にはマルチターゲットオートエリアAFがあるので、自動で9点までの測距点を使ってピント合わせができます。

露出補正の補正幅は静止画で±3.0で、1/3EVステップで補正できます。動画での露出補正幅は±2.0です。動画性能には、フルHDの1920×1080での60pで撮影できます。動画撮影中の光学ズームもできて、ステレオ音声で録画できます。動画のファイル形式はMOVで、動画の映像はH.264、動画の音声はリニアPCMのステレオです。

XQ2は、フィルムシュミレーションでクラシッククロームが使えるようになっています。RAW撮影もすることができます。内臓フラッシュもあって、スーパーiフラッシュでのオートフラッシュ機能もあります。Wi-Fiも内臓しています。氷点下では動作環境外です。バッテリーのNP-48で、CIPA基準で約240枚の撮影枚数です。

XQ2の本体のみの重さは、約187gです。ボディの色には、ブラック、シルバー、ホワイトの3色があります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事