D850とD500の違いと比較

D850とD500

D850とD500の主な違いを書いています。

D850は35mm判相当のFX機で、D500はDX機の違いがあるので、野鳥撮影などではD500のほうが向いています。D850のセンサーは、ニコンの一眼レフで初となる裏面照射型CMOSです。

裏面照射型CMOSは、それまでの表面照射型に比べて高感度時のノイズが減少しています。D850の総画素数は4689万画素で、D500の総画素数は2151万画素です。以下に続きます。


スポンサーリンク


D850は4500万画素以上ありますが、35mm判相当のセンサーなので、画素ピッチが4μm以上あります。画素ピッチのことは、画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味に書いています。

D850の撮像範囲には、D500にはない正方形の1:1(24×24)があります。D850のファインダーの倍率は約0.75倍で、D500は35mm判換算で約0.66倍です。

ファインダー倍率の35mm判換算と計算に、換算のことを書いています。D850の視度調節の範囲は-3から+1で、D500は-2から+1です。ディオプター 眼鏡利用者の裸眼の視度調整に、視度調整のことを書いています。

モニターはどちらもチルト式ですが、D850は上下に180度に動かせますが、D500は上に約90度、下に約75度に動かせます。ISO感度は、D500はISO100からISO51200まで使えて、D850はISO64からISO25600まで設定できます。

拡張感度では、D850はISO32相当とISO102400相当の拡張感度があって、D500はISO50相当とISO164万相当があります。拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに、拡張感度のことを書いています。

連写性能は、D500はAF追従で約10コマ/秒で、D850はAF追従連写で約7コマ/秒です。連続撮影枚数は、D850は14ビットのロスレス圧縮RAWでは約51コマで、D500は14ビット記録のロスレス圧縮RAWで200枚まで撮影できます。

D850の動画のファイル形式はMOVとMP4で、D500はMOVです。D850には、マイクの感度の自動調節で音の歪が防げるアッテネーターがあります。D850には、フルHD動画でピント面の輪郭を色で強調できるピーキング機能もあります。

他にも、D850には8Kのタイムラプスムービー、サイレントインターバルタイマー撮影、ピント面をずらした撮影のフォーカスシフトの機能もあります。ピントとは 点でなく面で合う実像面に、ピント面のことを書いています。

D850のカメラ内RAW現像は一括現像できます。カメラ内RAW現像はどんな時に使えばいいのかに、カメラ内RAW現像のことを書いています。D850にはニコンの一眼レフ初のシャッターカウンターバランサーがあるので、機構ブレが抑えられています。

どちらの機種もボディはマグネシウム合金ですが、D500はモノコック構造です。撮影枚数は、D500はCIPA基準で1240枚で、D850はCIPA基準で約1840枚です。

D850には35mm判のフィルムをJPEG化できるネガフィルムデジタイズの機能があります。D850の本体のみの重さは約915gで、D500の本体のみの重さは約760gです。

D850とD500の主な違いと比較を書いてきましたが、それぞれの機種のことはD850D500の個別の記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事