D810とEOS 6Dの違いと比較

D810とEOS 6D

ニコンのD810とキヤノンのEOS 6Dの主な違いと比較を書いています。D810の有効画素数は3635万画素で、EOS 6Dの有効画素数は約2020万画素です。レンズはニコンFマウントとキヤノンEFマウントですが、D810は35mmフルサイズ以外の撮像範囲も使えます。D810は35mmフルサイズになるFXフォーマットの他に、焦点距離が1.2倍の30×20の撮像範囲の1.2×、焦点距離が1.5倍になる24×16の撮像範囲のDXフォーマット、5:4の30×24も使えます。以下に続きます。


スポンサーリンク


D810のファインダーの視野率は約100%で倍率は約0.7倍、6Dのファインダーの視野率は約97%で倍率は約0.71倍です。D810のシャッタースピードの上限は1/8000秒で、EOS 6Dは1/4000秒です。D810は、ミラーアップ撮影の時には電子先幕シャッターが使えます。フラッシュの同調速度はD810は1/250秒、EOS 6Dは1/180秒以下です。D810の静止画のISO感度では常用感度はISO64からISO12800で、減感と増感ではISO32からISO51200相当まであります。

EOS 6Dの常用感度はISO100からISO12800で、減感と増感でISO50からISO102400相当まで使えます。6Dは、一眼レフの中でも特に高感度ノイズが少ない機種です。高感度側を使う撮影が多いのなら、D810よりもEOS 6Dを購入したほうがいいです。AF機能は、EOS 6Dは測距点が11点で、D810の測距点は51点です。EOS 6DはAFの測距点数がエントリー一眼レフ並みなので、動体撮影をするにはD810を使ったほうがいいです。D810の連写はFXフォーマットの秒間コマ数で最高で約5コマ/秒、連続撮影枚数は100枚ですが、シャッタースピードが4秒以上の光跡写真では枚数は無制限です。

EOS 6Dの連写の秒間コマ数は最高で約4.5コマ/秒で、静音連続撮影では最高で約3コマ/秒ができます。連続撮影枚数は、UHS-I対応のSDカードでは、JPEGで約1250枚までできます。D810はSDカードとCFカードのダブルスロット、EOS 6DはSDカードのシングルスロットです。D810のRAWは、LとSの選択ができます。EOS 6Dの露出制御の測光方式は63分割で、D810は91Kピクセル(約91000ピクセル)RGBセンサーです。D810のほうが露出の測光精度がEOS 6Dよりもかなり優れていて、露出の正確性があります。

D810はスポット測光枠に露出も連動しますが、EOS 6Dは連動しません。6Dには内臓フラッシュがないですが、D810はガイドナンバーが約12の内臓フラッシュがあります。6Dの動画は1920×1080のフルHDで30pで、D810はフルHDの60pです。6Dは内蔵モノラルマイクで、D810は内臓ステレオマイクです。D810は3.2型の液晶モニターの約122.9万ドットのRGBWで、6Dは3.0型の約104万ドットです。D810のRGBWはホワイト画素を追加しているので、6Dよりも屋外で見やすい液晶モニターです。

D810のバッテリーはCIPA基準で約1200コマで、6DはCIPA基準で約1090枚のバッテリーの持ちです。CIPA基準ではフラッシュを50%発光して計測するので、フラッシュがない6DでD810よりも撮影枚数が少ないです。D810はフラッシュ発光なしでは、約3860枚の撮影ができます。6Dは本体のみで約755g、D810は約880gです。動体撮影ならD810で、静的撮影ならEOS 6D、高感度をよく使う時にはEOS 6Dと強い被写体に違いがある機種です。

ここに書いていないD810の機能は、D810のレビューと比較に書いています。EOS 6Dのレビューと比較も書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事