カシオ EXILIM EX-100F レビュー 比較と評価

HIGH SPEED EXILIM EX-100F

カシオのHIGH SPEED EXILIM EX-100Fは、2014年3月20日に発売されたEXILIM EX-100の後継の新機種です。EXILIM EX-100Fの有効画素数は1210万画素で、センサーは1/1.7型の裏面照射型のCMOSです。裏面照射型は、それまでの表面照射型よりも高感度時のノイズが減少しています。画像処理エンジンは、EXILIMエンジンHS Ver.3 ADVANCEです。以下に続きます。


スポンサーリンク


レンズの焦点距離は28mmから300mm相当で、実質の焦点距離は6.0mmから64.2mmです。開放F値は全域でF2.8なので、300mm相当時にもF2.8のレンズの明るさで使えるので、望遠撮影時にもシャッタースピードが稼げます。それに、望遠端の実質の焦点距離が64.2mmでF2.8なので、1/1.7型のセンサーでも、望遠撮影で背景をかなりぼかすこともできます。

できるだけ画質劣化のないデジタル処理系のプレミアムズームでは、約600mm相当までズームできます。マクロ性能はレンズの先端から被写体まで、スーパーマクロで約5cmまで寄れて、テレ端で約50cmまで寄れるテレマクロ性能もあります。マクロ撮影時に超解像ズームで拡大するループ機能もあります。レンズキャップは自動開閉式なので、手動でキャップの着脱をしなくて済みます。

手ブレ補正はレンズシフト式で、光学式の補正効果は、CIPA基準の300mm相当で2.5段、光学式と高速連写の合成の併用では5段です。レンズの絞りとシャッター速度の1段刻みとその役割に、段数のことを書いています。液晶モニターは3.5型の約92万ドットで、上に180度、下に55度に動かせるチルト式で、自分撮りが簡単にできます。フロントシャッターもあるので、さらに自分撮りが簡単です。

電子水準器の表示もできます。 ISO感度はISO80からISO12800相当まで使えて、静止画の連写合成でノイズを減らすHSナイトショットではISO25600相当まで使えます。絞り優先もシャッター優先も使えて、マニュアル露出もできます。シャッタースピードの上限は1/4000秒で、250秒まで使えます。高速連写を使うモードでは、1/20000秒まで使えます。

記録メディアはSDカード系で、UHS-I規格に対応しています。内蔵メモリーの記録エリアは48.9MBあります。連写は、記録画素数の8Mの16対9のアスペクトで60枚/秒、AF追従では6枚/秒です。AFの測距点数は25点あります。露出補正の補正幅は±2段で、1/3EVステップで補正できます。±2段の補正幅は、エントリーコンデジ並です。EXILIM EX-100Fは、価格帯でもエントリークラスではないので、露出補正の幅が狭いのが欠点です。

動画は、フルHDの1920x1080の30fpsで撮影できます。動画のファイルはMOV、動画の映像はH.264/AVC、動画の音声はIMA-ADPCMのステレオです。1000コマのハイスピードムービー撮影もできます。マイクはステレオ、スピーカーはモノラルです。ボディの背面に自立スタンドがあるので、モーションシャッターで自分撮りもできます。ファンクションリングで、シャッタースピードなどの設定をすることもできます。

NDフィルターがあります。アートショットの宙玉は動画撮影でも使えます。シャッターを押す前の写真も撮れるパスト連写もできます。プレミアムブラケッティングでは、「フォーカスと絞り」「ホワイトバランスと明るさ」「コントラストと彩度」「ホワイトバランス×コントラスト」「彩度と明るさ」などの組み合わせで、9枚の写真が撮れます。

メイクアップ機能もあって、メイクアップブラケッティングもできます。連写合成の全焦点マクロでは、マクロ域から無限遠までピント面を合わせることもできます。RAW記録もできます。内臓フラッシュもあります。Wi-Fi機能もあるので、スマホでもリモート撮影ができます。ボディの前後にはマグネシウムダイキャスト、ボディの上部にはアルミ合金があります。

バッテリーのNP-130Aで、CIPA基準で、エコモードで約465枚の撮影枚数です。USB充電ができます。EXILIM EX-100Fの本体のみの重さは、約350gです。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事