α7R IIとα7Rの違いと比較

α7R IIとα7R

ソニーのα7R IIと、α7Rの主な違いと比較を書いています。α7R IIとα7Rには複数の違いがあって、α7R IIのほうが後継機として改良された機種になっています。その違いの中でも特に大きな違いは、撮像素子と動画性能です。α7R IIは35mmフルサイズ機としては初となる裏面照射型CMOSです。それに、動画も35mmフルサイズ機初のボディだけで4K動画の記録もできます。α7R IIが裏面照射型になったことで、α7Rよりも高感度域がかなり広がりました。以下に続きます。


スポンサーリンク


α7Rは静止画でISO100からISO25600までで、拡張感度にはISO50しかありませんでした。それが、α7R IIになって、拡張感度でISO50までは同じですが、高感度域の拡張感度がISO102400まで使えるようになっています。拡張感度のことは、拡張感度 基準感度 常用感度の画質の違いに書いています。裏面照射型は従来の表面照射型より高感度時のノイズが低減したセンサーになっていますが、α7R IIではα7RのISO25600からISO102400まで飛躍的に高感度になっていることから裏面照射型CMOSの性能が発揮されています。

動画ではα7R IIもα7RもISO25600までなのは変わりませんが、α7RはISO200からだったのが、α7R IIではISO100から使えるようになっています。α7R IIはボディ単独で4K動画も撮れるようになっているので、フルHD動画までしか撮れなかったα7Rとは動画性能も向上しています。動画を重視するなら、α7Rよりα7R IIです。他にも、α7R IIのほうが改良された機能があります。α7R IIとα7RのEVFは、サイズとドット数と視野率は同じですが、ファインダー倍率が違います。

α7Rはファインダー倍率が0.71倍でしたが、α7R IIでは0.78倍になって、ファインダーの迫力が増しています。α7R IIになってから、AFとAE追従で約5コマ/秒の連写もできるので、α7Rより連写性能も増しています。α7Rの総画素数は約3680万画素で、α7R IIの総画素数は約4360万画素です。α7R IIのほうが画素数がかなり増えているのに、α7R IIのほうが処理速度の向上で連写性能がα7Rより増しているのです。α7R IIはAF追従のAF-Cでも、瞳AFができます。

他にも、α7R IIのほうが改良された機能があります。α7RではコントラストAFだけしか使えませんでした。コントラストAFは精度には優れますが、位相差AFの速度に劣ります。α7R IIになって像面位相差AFになったので、センサーに組み込んだ位相差AFとコントラストAFの両方が使えるようになったファストハイブリッドAFも使えるようになっています。この像面位相差AFになったことで、α7RのAF速度よりもα7R IIのほうが約40%も速くなっています。

AFの測距点数も、α7RではコントラストAFの25点のみだったのが、α7R IIの像面位相差AFの測距点は399点もあるので、この測距点数の大きな違いもあります。α7Rではボディ内手ブレ補正に非対応だったのでレンズで対応するしかなかったのですが、α7R IIではボディ内手ブレ補正になっています。α7R IIにボディ内手ブレ補正を搭載したこともあって、α7Rは本体のみで約407gだったのが、α7R IIでは本体のみで約582gになっています。

α7R IIでは、シャッター機構を新規の設計にして低振動になっています。α7R IIは像面位相差AFになったので、マウントアダプターのLA-EA3でもSAMとSSMレンズでAFが使えるようになっています。液晶モニターはα7Rは約92万ドットだったのがα7R IIでは約123万ドットになって、可動域もα7Rは上に90度だったのがα7R IIでは上に107度に動かせます。α7R IIは下に41度動かせますが、α7Rでは下に45度に動かせました。α7R IIには、モードダイヤルにロック機構があります。

α7Rはフラッシュの同調速度は1/160秒でしたが、α7R IIは1/250秒になっています。α7R IIには、電子シャッターを使ってのサイレント撮影の機能があります。α7R IIとα7Rもバッテリーは同じで、α7Rではファインダーで約270枚の撮影枚数だったのがα7R IIでは約290枚になっています。液晶モニターでは、α7R IIもα7Rも約340枚です。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事