ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」とインスタグラム

ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」

ベンヤミンが「複製技術時代の芸術作品」で言ったアウラは、インスタグラムと写真文化から考えても興味深いです。

ベンヤミンのアウラは、芸術作品が今とここにしかない一回限りの現象で存在するときに発する特有の輝きのことで、絵画や彫刻などの写真誕生以前の伝統的な芸術には存在した一点主義の特質のことです。以下に続きます。


スポンサーリンク


絵画や彫刻のように、その場に行かないと見ることもできないし複製することもできない崇拝の対象でもある礼拝的価値の時代から、コピーできる写真以後の複製芸術の時代になったことをベンヤミンは言っていました。

これで、オリジナル作品とコピー作品の差異が消失して、オリジナル作品の価値はコピー作品に埋もれて、大きく下がると言われてきたのは、インスタグラムの写真文化を見ても間違いです。

産まれた時から写真以後の世界を生きてきたのは、現在では全世界の人たちに当てはまりますが、さらに、産まれた時からデジタル写真の世界以後の世界に生きてきた世代は限られます。

ベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」がさらに問題になるのは、デジタル写真です。フィルム時代も確かに紙の印刷で複製できましたが、デジタル写真の複製は、フィルム時代よりも遥かに怒涛なコピー写真の氾濫になっているからです。

フィルム写真を全く使わず、デジタル写真しか使わないデジタル・ネイティブの世代にとっては、コピーが無限にできるそのデジタルコピー写真こそが写真です。そして、そのデジタルコピー写真にアウラがあるのが分かるのがインスタグラムです。

著名なインスタグラマーには、多くのフォロワーがいます。インスタグラムにあるデジタル写真は無限にコピーできるのに、オリジナルのインスタグラマーの写真に価値があるのです。

著名なインスタグラマーがアップロードしたインスタ写真は、コピー写真であろうと価値があって、そこにアウラも見出しているのが、デジタル写真以後の世代です。

著名なインスタグラマーが載せた写真には、デジタル写真でも、そこで一回限りでしか存在しない組み合わせにアウラがあるのです。著名なインスタグラマーが現実に存在する偶像のアイコンになってフォローする時、虚構の偽者と等価ではないです。

インスタグラムの偽アカウントでも本物アカウントでも、そこにあるデジタル写真自体は、どちらも同じです。それでも、本物アカウントの写真に価値を置くのは、コピー写真であってもオリジナル写真になっているのです。

複製技術での拡散力の拡大によるオリジナルの消失は違うのが、インスタグラムの写真文化を見ても分かります。

デジタル写真以後の世界でさらに分かったのは、オリジナルとコピーの差がなくなるどころか、人はコピーが氾濫する時代であっても、その中に唯一無二のオリジナル性を求めることです。時代はオリジナルの唯一無二のものを求めるものだという反復の歴史とも言えます。

複製芸術の時代がさらに進んたデジタル写真の時代に起こったのは、アウラが庶民に移動した庶民型アウラになったことで、アウラが拡大したことです。

どれだけコピー写真の時代になっても力強いオリジナルが必要であるのは、複製技術でオリジナル性を演出できることでもあります。ヒトラーが複製技術の写真と映画に価値を見出して勢力を拡大していったことと、ゲシュタポから逃れて息絶えたユダヤ人のベンヤミンの思考には関係性があるのです。

ナチスの偶像支配は、今ここにしかないオリジナル性ではなく、複製芸術の時代であるからこそ可能になったことです。今ここにしかない礼拝的価値であるのなら、そこに行くしかないし、そこに着いた者しかそのアウラに辿りつけない困難さがあります。

ナチスは無数にばらまかれるヒトラーの偶像によって、ヒトラーの価値を高めることを狙ったのでした。複製芸術時代のほうが大衆への芸術の礼拝的価値を高めることができることを鋭く見抜いたのがヒトラーでした。

実際に、ヒトラーは、複製技術によって、非常に印象的な写真と映画を残しています。

ベンヤミンは最後まで、この複製技術時代の新たなアウラに悩みながら息絶えていったのです。芸術作品の礼拝的価値は、複製映像の時代のほうが、むしろ、より意味を持つようになったことの時代の皮肉の片鱗は、インスタグラムにも散りばめられています。

新たなアウラ芸術のデジタル写真時代に、新たなアウラのことを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事