等倍鑑賞の必要性とクロップ耐性

等倍鑑賞とクロップ耐性

等倍鑑賞はマニアがすることで、不要でしなくていいという意見を見ます。その等倍鑑賞の必要性を書いています。

等倍鑑賞が必要なのは、その写真を等倍で見て、それを写真鑑賞の楽しみにすること以外に、重要な役目があります。以下に続きます。


スポンサーリンク


確かに、等倍にして鑑賞する写真鑑賞だけの目的だったら、マニアがすることと切り捨てられるかもしれません。

そうではなく、等倍鑑賞をするのは、さらに、その画像がどのくらい拡大できるかを確認するためでもあります。

画素数が多くなるほど、クロップをする余裕が出てきます。これは光学ズームとは違うのですが、高画素になるほど、クロップしてもデジタルズームで無理やりズームした時の画像の粗がなくなります。

等倍で見てもしっかり撮れている写真は、さらに画像を拡大できる余裕があります。これは、ズームの余裕があることです。標準の50mm相当で撮った被写体を望遠の焦点距離に切り取ることができます。

等倍で見るとかなり酷い画質になるスマホの写真は、クロップしたら、その酷い画質になります。画質が特に重要になるのは、このクロップ耐性であらわれます。

等倍に耐えられる写真には、さらにズームして、切り取ることができる余裕があります。

画素数はさらに増えていって、35mm判相当以上のセンサーの機種も出ているので、高画素にしていっても、画素ピッチにも余裕があります。

画素ピッチの計算方法とセンサー別の数値の意味

1億画素以上の機種で、等倍で見ても鑑賞に耐えられるのなら、その画像の気になる箇所を切り出してかなり拡大できます。その切り出した画素数で満足できるのなら、それは、その画素数内で光学ズームしたのと同じになります。

光学ズームはそのズーム内で画質の劣化はありませんが、クロップして切り取った画像は、その画素数内では画質の劣化はないからです。

画素数が1億画素以上で、さらに増えていくほど、あとから、光学ズームができるのと似たようなことができるわけです。

そのズームできる許容範囲を調べるためにも、等倍鑑賞が必要になります。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事