キヤノン PowerShot G15 テレマクロ 背景ボケ

PowerShot G15のテレマクロ

前の01の「高級コンパクト テレマクロ 一眼とコンデジでのボケ」の記事からの続きです。

高級コンパクト機のテレマクロ機能を見ていきます。

キヤノンのPowerShot G15は実際の焦点距離が6.1mmから30.5mmで、レンズのF値が1.8から2.8です。高級コンパクトの特徴は、望遠端でもレンズが明るいことです。以下に続きます。


スポンサーリンク


キヤノンのコンデジのプレミアムシリーズに、PowerShot S110があります。キヤノンはS110もプレミアムコンパクトとしていますが、レンズの明るさが違います。S110は望遠端が26mmで、F値は5.9と一気にレンズが暗くなります。

このように一気にレンズが暗くなるところに、S110がG15よりもレンズ口径に余裕がないところがあらわれています。S110は望遠端のレンズの暗さを考えると、G15と同じクラスのプレミアムコンパクトとは言えません。

G15はレンズの焦点距離が30.5mmの時にF2.8で、その望遠端のレンズ先端から40cmの被写体まで寄れます。G15の30.5mmは、35mm判換算で140mmです。このテレマクロをうまく使えば、コンデジのG15であっても、うまくボカすことができます。

30.5mmのF2.8で、140mm相当の望遠圧縮効果も加わるので、コンデジにしては思いの外にボケます。これに、キヤノン機の利点のデジタルテレコンも加えれば、もっと被写体に近づくこともできます。キヤノン PowerShot G15 レンズ一体型の理想型に、G15のことを書いています。キヤノン PowerShot G16のレビューと比較に、後継機のG16のことを書いています。

G15以外の他の機種のテレマクロも見てみます。次の03の「LUMIX LX7とFUJIFILM X20のテレマクロとボケ」の記事に続きます。コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事