SX730 HSとSX720 HSの違いと比較

SX730 HSとSX720 HS

SX730 HSとSX720 HSの主な違いと比較を書いています。詳細に見ても、機能面で大きな違いはありません。

最も大きな違いは、液晶モニターです。SX720 HSとは違って、SX720 HSは上下に稼動できるチルト式になっています。以下に続きます。


スポンサーリンク


そして、上に180度にモニターを動かせるので、SX730 HSでは、簡単に自分撮りできるようになっています。

他の機能にも違いはありますが、このチルト式液晶になったことが最大の違いです。

今まで、固定式モニターで不便を感じていたのなら、SX730 HSは便利に使えます。

関連 バリアングル式とチルト式と固定式モニターの違い

他は、SX730 HSになって、SX720 HSよりも、さらに通信機能が向上しています。

SX730 HSは、SX720 HSにはないBluetooth low energyがあります。

これで、Wi-Fi接続がさらに簡単にできるようになったので、スマホのリモート撮影もより簡単にできるようになりました。

あとは、SX730 HSはSX720 HSではできなかった美肌効果がシーンモードで設定できるようになっています。

あとは、本体のみの重さは、SX730 HSは約276gですが、SX720 HSは約245gです。

この重さの違いで30gくらいあるのをどう見るかです。

SX720 HSに使っていた時の重さでギリギリの許容範囲内なら、SX730 HSのほうが自分撮りができるようになったとしても、買い替えに気が進まないことになります。

その場合には、スマホで自分撮りをするなどにして、SX720 HSは自分撮り以外の撮影をするなどになります。

画質面では、画像処理エンジンも同じで、センサーサイズも同じ、裏面照射型も同じなので、ISO感度領域も同じです。

画質面でなら、SX710 HSからSX730 HSに買い換えるのなら違いがありますが、SX720 HSとSX730 HSでは違いがないので、やっぱり、自分撮りモニターをどう考えるかです。

SX730 HSとSX720 HSの主な違いを書いてきましたが、それぞれの機種のことは、SX730 HSSX720 HSの記事に書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。

コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。デジタル写真時代の簡単な写真整理術日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事