Sony α5100 レビュー 比較と評価

Sony α5100

ソニーのα5100 ILCE-5100は総画素数が約2470万画素で、撮像素子は"Exmor"CMOSセンサーでAPS-Cサイズの23.5 x 15.6mmです。画像処理エンジンはBIONZ X(ビオンズ エックス)でEマウントレンズですが、マウントアダプターのLA-EA4があれば、Aマウントレンズも使えます。α5100にはEVFがなく、アクセサリーシューもないので、外付けのEVFも装着できません。晴天時には、ファインダーがあったほうが見やすいです。ファインダーがないことが諦めきれないのなら、α5100は購入の選択肢からは外れます。液晶モニターは3.0型の92万1600ドットで、上に約180度に動かせるので自分撮りもできます。以下に続きます。


スポンサーリンク


液晶モニターはタッチシャッターも使えます。ISO感度は静止画でISO100からISO25600、動画でISO100からISO12800相当まで使えます。シャッタースピードの上限は、静止画も動画も1/4000秒です。フラッシュの同調速度は1/160秒です。記録メディアはメモリースティックとSDカードが使えて、UHS-I規格に対応したソニーのSF-UXシリーズのSDカードも使えます。α5100の連写性能は、秒間のコマ数がAFとAEが追従して最高で約6コマ/秒です。約6コマ/秒の連写で、JPEGのLサイズのファインで約56枚の連続撮影ができます。AF性能は、位相差AFとコントラストAFの両方が使えるファストハイブリッドAFです。位相差AFは速度に優れて、コントラストAFは精度に優れている特性があります。

α5100のAFの測距点数は、位相差AFが179点でコントラストAFは25点です。α5100の位相差AFは、撮像素子に組み込んだ像面位相差AFです。露出制御の測光方式は、1200分割です。露出補正の補正幅は静止画で±3.0EVで、レンズ一体型の高級コンパクト機並です。動画撮影時の露出補正幅は、±2.0EVです。動画はフルHDの60pで撮影できて、4K/HDフォーマットのXAVCの民生用に拡張のXAVC Sも使えます。AVCHDかXAVC SのフルHD動画と、MP4動画の同時記録もできます。動画撮影では、AF駆動速度とAF追従感度の調整もできて、HDMIの同時出力もできます。動画のファイル形式には、XAVC S、AVCHD、MP4があります。

動画の映像は、XAVC SもAVCHDもMP4も、MPEG-4 AVC/H.264で同じです。動画の音声は、XAVC SがLPCM 2ch、AVCHDがDolby Digital (AC-3) 2ch、MP4がMPEG-4 AAC-LC 2chです。内蔵マイクはステレオで、スピーカーはモノラルです。マイク端子はありません。ソニー機のレンズ一体型機の特徴である全画素超解像ズームは、α5100でも使えます。α5100は、サイレント撮影はできません。α5100でも、通常のシングルAFのAF-SとAF追従のAF-Cを自動で使い分けるAF-Aモードも使えます。フレキシブルスポットを使ってスポット枠のサイズが3段階に変えられて、小さい被写体にもピント合わせができます。オートフレーミング機能もありますが、実際に使ってみると、後でトリミングするか、最初から構図を合わせて撮影したほうがいいと思います。

α5100にもプレミアムおまかせオートがありますが露出補正もできないので、特に黒や白の被写体の場合には自分で露出補正をして撮ったほうがいいです。ピクチャーエフェクトのソフトハイキーは、女性のポートレートに明るく透明感を添える場合などにお薦めです。AFでピント合わせをした後にピントを微調整できるダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)の機能もあります。ピントが分かるピーキングもあって、白、赤、黄色があって、ピーキングレベルも3段階から選べます。ピントは面で合いますが、ピーキング機能を使えばそれが分かります。手ブレ補正はレンズ式で、ボディ内蔵式ではありません。ダスト機能は内臓しています。

14bit RAWの記録はできません。色空間には、もちろんAdobeRGBもあります。AFの検出輝度範囲は、EV-1から20です。内臓フラッシュのガイドナンバーは4で、外部フラッシュ用のアクセサリーシューはありません。Wi-Fi機能と、近距離無線通信のNFC機能があります。バッテリーのNP-FW50で、CIPA基準で約400枚の撮影枚数です。マイクロUSBでの充電もできますが、充電中の撮影はできません。本体のみの重さは、約224gです。α5100には、パワーズームレンズキット ILCE-5100LのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSレンズが付属と、ダブルズームレンズキット ILCE-5100YのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、E 55-210mm F4.5-6.3 OSSが付属しているキットがあります。キットレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSは、電動ズームです。ボディ色には、ホワイト、ブラウン、ブラックの3色があります。

α5100とα6000の違いにα6000との違い、α5100とα5000の違いに、α5000との違いを書いています。

コンデジが一眼レフを超える時 訴える力のある良い写真とはに、コンデジでも訴える力のある写真が撮れることを書いています。単焦点がズームレンズより画質がいい理由とフレアとゴーストに、レンズのことを書いています。コントラストを下げて撮影したほうがいいことなどをデジカメのダイナミックレンジ ラチチュードを拡大でお薦め設定に、書いています。コンデジのフルマニュアル撮影とオート機能との違いに、マニュアル撮影の利点を書いています。日の丸構図は悪くないも書いています。関連記事は下にあります。


スポンサーリンク


関連記事